2017/07/06 16:47:05
minuit76
“自分の感情をそのまま肯定していいっていう教育を美術がしているとしたら、美術はいじめに加担してるのと構造的には一緒” 。作品と本来は地続きであるはずの社会や政治ではなく、弱いものに手を伸ばす「アート」
2017/07/06 17:21:13
goldhead
"お騒がせ的な表現は、日本の芸術家が政治の問題を全然扱わないっていうことの裏返しのような気もします"
2017/07/06 17:38:11
lucifer_af
「感性から生じた感情をそのまま肯定して自分たちを正当化したくなるとヘイトスピーチ」「自分の感情をそのまま肯定していいっていう教育を美術がしているとしたら、美術はいじめに加担してるのと構造的には一緒」
2017/07/06 18:01:32
darjeeling_2nd
“その表現者にとって社会がどのように想定されているのか、っていうところがすごく表層で終わっている。どこもギクッとすることがない”
2017/07/06 20:01:54
TakamoriTarou
同じ穴の狢による、切断処理という印象。
2017/07/06 21:02:00
halix
人を不快にするアートについて疑問を持っていたので、ひとつの解釈となった。ただこれがすべてではないだろうけども。
2017/07/06 21:31:56
shigekixs
すごく読ませるインタビュー記事
2017/07/06 22:20:12
kaos2009
“気になるのは日本の(ブラックボックス展などの)アーティストは、危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い”
2017/07/06 23:12:47
mshkh
日本のほとんどの自称現代アーティストってのは,はてなのPVガー収益ガーブロガーとかと本質的には一緒なんだよな.どんなに頭が悪くて下品でも,注目さえ浴びればいいと思ってる.だから薄っぺらい
2017/07/06 23:41:37
adramine
結局のところ、劣化コピーしか作れていないってハッキリ云えよ。キャプション見ないと成立しない作品やキャプションから見る客とかどっちもどっちだけどさ。
2017/07/06 23:48:02
respawn
ブラックボックス展をアートの文脈で捉える事に違和感がある。昔の2ch吉野家オフとかその程度のもんだと思う。
2017/07/07 00:02:44
dirtlion
その内コメントにつきそうだけど、バンクシーもめちゃダサいからな
2017/07/07 00:25:26
m_shinzaki
そもそもあのパクリbotが作ったパクリ展示をアートとして捉えられないんですが
2017/07/07 00:34:12
yooks
「感性から生じた感情をそのまま肯定して自分たちを正当化し」表現する。どう感じるかは自由だ。けどそれを傘に「俺の感情をそのまま表現させろ」という風潮が強くなってる時代なのかも。
2017/07/07 00:47:38
mintiatarou
良い記事。社会の中でアートを表現していくにあたって必要な客観性、バランス感覚に欠けるものを擁護しないスタンスに好感。
2017/07/07 00:53:59
namagome2532
わかりやすい
2017/07/07 01:14:55
rotting_corpse
バズれば官軍の思想には文脈がない。かかってる看板がアートなだけで、フェイクニュースや炎上商法と根は同じ
2017/07/07 01:26:33
mawhata
思った以上に真っ当なことが書いてある記事だった。
2017/07/07 01:28:55
elephantskinhead
サザエbotの仕掛けってやってる事は昔のVIPの釣りと同じやからな。今もだんまりやし
2017/07/07 02:31:38
akihiko810
そもそも「ブラックボックス展」は藝大で学んだりして現代アートの文脈でやってない、ただの素人アフィブロガー(自称アーティスト(笑))がやってたんじゃないの?
2017/07/07 05:00:53
laislanopira
"批判なき政治"
2017/07/07 05:27:41
novak777
“表現の自由が過大評価され過ぎていて、身内のノリの中で、倫理と個人の欲求の橋渡しをするようなコミュニケーションがないということなんでしょう。”
2017/07/07 06:02:06
asterpleo
私の考えにすごく近いです。草間さんの話は初めて聞いたので、見識不足が恥ずかしい。私も表層だけを見聞きしていただけでした。表現者は作品を発表したその後も責任を持つのは、当たり前のこと。
2017/07/07 06:24:37
algot
いいね!欲しさに主義主張も無くお手軽にバズれそうな面白キーワードをただ羅列する劣化error403な連中って最近本当ネットに多い。それでアーティスト名乗ってるけどその部室感が現実世界で通用する訳が無いんだよな
2017/07/07 06:39:28
Hagalaz
素晴らしいインタビュー 胸がすいた
2017/07/07 06:48:24
moondriver
"日本の(ブラックボックス展などの)アーティストは、危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い"
2017/07/07 06:58:10
movesinthefield
差別は「罰せられる」からダメと語るんではなく倫理の問題として考えたいところ。
2017/07/07 07:05:38
mugi-yama
「ブラックボックス展は社会に迷惑をかけたから駄目だけどちんぽむはちゃんと反省したのでエライ」とか本気?この人の言ってることって後出しじゃんけんばっかりじゃん。
2017/07/07 07:17:12
anus3710223
"表現の自由が過大評価され過ぎていて、身内のノリの中で、倫理と個人の欲求の橋渡しをするようなコミュニケーションがないということなんでしょう"
2017/07/07 07:17:57
lenore
良い記事。最後まで読んで欲しい。
2017/07/07 07:58:48
shoh8
熱い記事だった。ゆっくり読む
2017/07/07 08:01:54
guldeen
学生らの間での活動が、やがて先鋭化していきトンデモない結果になった例と言えば、『日本赤軍』その他現在も存在する過激派団体を思い出す。『外部検証』の目の届かない団体行動は、暴走する危険をはらんでいる。
2017/07/07 08:04:58
lambrefun
無意識的に社会の縮図になっているという意味で、状況がアートだな。
2017/07/07 08:11:48
bronson69
うーむ。社会規範と法とアートとしての評価はそれぞれ別でよいのでは。社会的にダメだし法律違反だけど力ある表現、ってのは想定し得ると思うのだけどなあ。サザエbotのあれは全面的にナシだと思うけども。
2017/07/07 08:13:55
uturi
“危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い。” 同意。/強引な自民批判からの「政治的なアートを作れ」の流れでガッカリ。
2017/07/07 08:20:59
tsysoba
文脈を無視した表層的な作品消費と表現の自由の問題などが絡まりつつ論じられている。要再読。
2017/07/07 08:22:37
irodori_kotori
“パブリックな場で表現する時は、受け取り手が誰なのか分からない。それによって傷付く人がいる可能性もある” これは自分もブコメ残す際にちゃんと考えなきゃいけない。
2017/07/07 08:29:07
mitarase
“「表現行為は人を傷つけるもの」というレトリックは、その行為の出発点の衝動とか感情は正当化できるのかということを表現者が自ら検証して問う責任がある”。長いインタビューだけど、この言葉に尽きる。
2017/07/07 08:34:19
otihateten3510
主催者はアーティストじゃなくて便乗犯罪者でしょ。よく調べて。
2017/07/07 08:39:01
ncc1701
ブラックボックス展の「意図」の有無は捜査中だから、善意に解釈するのはまだ早い。
2017/07/07 08:42:48
yu-kubo
“作者の意図的な悪質性は、他の問題に比べてそんなに深刻じゃないけれど、薄っぺらさ故に、今の「アート」が、世間的にどう捉えられているかという現実が、うまく反映されていると言えるかもしれないですね”
2017/07/07 08:44:10
kiku-chan
表現者が逮捕されて、裁判するなり投獄されるなりしている間にもパフォーマンスが一貫していればアートの文脈で捉えられるかも。ろくでなし子 @6d745 さんの件で、まんこを一番3Dプリントしたのが実は警察とか最高
2017/07/07 08:46:17
Arturo_Ui
アートには「お騒がせ」の要素が(程度の差はあれ)必要で、充分な理論的裏付けや、受け手の圧倒的支持があれば批判を乗り越えられるし、批判に耐えられなければ淘汰される。いずれにせよ、事前の規制は防ぐべき。
2017/07/07 08:57:26
augsUK
Twitterなどでバズれば勝ちなら、まとめサイトみたいな「アーティスト」だらけになるよな。批判を無視すれば良い点も同じ構造。対話なんぞしない。//途中の擁護する教員は絶望的だな。
2017/07/07 09:00:15
turanukimaru
アーティストではなく自称アーティストだろう、という点を除けばこの人の言うことには大いに頷ける。だけど記事の中にアート界の自浄作用の話が皆無ってことは、アート界自体はアート無罪を当然のこととしてるのかな
2017/07/07 09:02:09
azumi_s
思考整理の上では良い記事だと思います。
2017/07/07 09:12:19
gyampy
あんまり深く考えない人が多いってことなのかもしれないね。表層的なことに留まってしまうのは。
2017/07/07 09:21:04
akymrk
“日本の(ブラックボックス展などの)アーティストは、危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い。”
2017/07/07 09:28:51
Rinta
考えさせられる。
2017/07/07 09:31:36
Galaxy42
煎じ詰めれば金になるかならないかで説明できてしまいそうでいやん。
2017/07/07 09:35:33
north_god
難しい話になってるが、反論しようの無い好き嫌いの基準でお前つまんねーよとがっつりdisるのが日本人とても苦手というのあると思う。そして理屈や文脈が、理解されたら嫌われなかった筈、という逃げに使われる
2017/07/07 09:55:46
sunuopy
途中まで読んでおもしろいので後でまた読む
2017/07/07 10:03:13
Memeo
ブコメにもいるけど深く長く広い視点で考えられず浅薄な思考をもっともらしく提示するとか雑に結論をまとめる程度のことしかできない人間っているんだよな。
2017/07/07 10:07:03
haruten
「彼の指導教員は「全ての芸術表現は何かしら人を傷付けるものである」といって擁護した」←そんな意識でやっていたのなら今回の事件も起こるべくして起こったとしか言えないが、許せるものではない
2017/07/07 10:08:30
metroq
“だから、自由と制約の間で常に考え続けるっていうことが私たちに求められている。奴隷としてではなく、民主主義社会に生きたいんであればね。”
2017/07/07 10:10:44
craprak
トップコメントが「ブラックボックス展がアートの文脈って違和感」って、ほんとにみんな全文読んでるのか…?もしアートの文脈で考えるならこれだけの問題があるよ、ってのが導入なのに
2017/07/07 10:27:44
oguratesu
“自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い。”ってのがアートならネットこそがアートだわな。
2017/07/07 10:28:31
pero_pero
とても良いことが書いてある
2017/07/07 10:29:56
digits_sa
「アート界の選民思想的な何か。アート・芸術=崇高で甘美な思想の上に成り立っているのが分からないの?」"消費"されることってそんなに悪なのかなぁ
2017/07/07 10:39:23
miruna
うむ
2017/07/07 10:49:39
timetrain
価値によってアートを判断するのは危険だと自覚はしてるけど、それでもブラ展は他人に危害を加える迷惑行為に過ぎないと思う。もし仮にアブラモビッチ氏のように、暗闇で自分を対象にしていれば違ったろう。
2017/07/07 10:55:01
banban
アートの教育ってほとんどされてないんだよね。日本の小中学校では。何かを観て感じたことを発表したり考えさせたりする教育。まずはそこから始めないと表層の消費ということは避けられないと思う。
2017/07/07 11:00:06
b4takashi
全肯定はできないが、「アートは観客でなく主催者自らを危険にさらすべき」というのは同意する。『サザエbot』=『なかのひとよ』という面を被って本当の中の人である松田将英氏は姿を見せていない、だから批判される
2017/07/07 11:12:00
lifeisadog
アートは学術的な文脈の中で語られるべきというのアガミックな世界や内輪の話で、「薄っぺらい」手垢のついた表現であるブラックボックス展であっても、受け止める側にとって新鮮であればいいのかなと思った
2017/07/07 11:16:46
K-Ono
考えるヒントとして。
2017/07/07 11:18:29
mamezou_plus2
物事を判断・認識・表現する時は価値の物差し上に位置する。美醜と言う言葉を好むけど、美を讃える時は、讃えるに値しない美より優れてるから讃え、更には醜さと言う評価も持っている。根っこの無い空虚な表現は塵
2017/07/07 11:21:01
wold
結局、自分の表現にどう相対するか考えられていない表現はアートだろうが何だろうが薄っぺらい。そう言った意味でサザエbotのアレはアートや表現という言葉に値しない、ただのバカッターの犯罪行為でしかない。
2017/07/07 11:25:16
fu_kak
良い内容、同意しか無い。ブラックボックス展から話が始まってるけどあんなものの事よりアートの本質と表現と自由の話。
2017/07/07 11:28:08
kari-ko
水曜どうでしょうD陣の勝ち→"日本の(ブラックボックス展などの)アーティストは、危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせる"/超良記事だった
2017/07/07 11:30:00
fuyu77
"日本の(ブラックボックス展などの)アーティストは、危険な領域に踏み込んだ表現をするような場合に、自分を安全な場に置き、自分以外の人に合意無くリスクを負わせるような表現が多い"
2017/07/07 11:31:57
saro363
“感性的に美しいと思うことと、その事物が持っている歴史的な意味は切り離せないと思います。”
2017/07/07 11:32:55
riku_mio
萌えキャラを公共のキャラクターに使う問題も共通していると思う。
2017/07/07 11:39:33
karma_tengu
途中から政治の話をし始めて、くだらなくなって読むの辞めた
2017/07/07 11:45:19
tomoyorimo8521
バンクシーの映画「イグジット~」みたいだ。粗悪な模造品でも事前の話題作りとそれっぽいナリで誤魔化せるというね。
2017/07/07 11:46:29
tikani_nemuru_M
アートに目的はない、ってのは実はそれこそがタテマエで、そのタテマエが問題にされるべきときがきているのかも/ブラボ展は表現の自由特権主義にのった銭儲けアフィブロガーが現代アート無罪を商業利用したのねw
2017/07/07 11:50:49
starthinker
痴漢騒動の「ブラックボックス展」から考える"お騒がせアート"多発の背景とは?
2017/07/07 12:06:42
kidspong
どこまでいっても表現者の「己」がこびりついたものが私の中ではアートで、徹頭徹尾自身の為であってほしい。計り知れない筈の他者を中心に据えたり託したりするものが「自己表現」とは個人的にはどうしても思えない
2017/07/07 12:20:55
shikahan
タイトルの件はどうでも良いが良い記事だった
2017/07/07 12:36:44
sabacurry
「お騒がせ」で済む問題なの?
2017/07/07 12:37:06
htnmiki
チンポムは広島で学んだと言うがあんなもん学ばなくても知ってるわけでわざわざ炎上させるために意図的にやってんだから認めちゃいかんと思ってる
2017/07/07 12:40:18
ryu-site
納得の記事、真っ暗とはを感じるなら、戒壇巡りや胎内巡りお寺でしてみるとよいよ!
2017/07/07 12:44:04
rajendra
"自分の感情をそのまま肯定していいっていう教育を美術がしているとしたら、美術はいじめに加担してるのと構造的には一緒なんですよ。"
2017/07/07 13:07:57
masabossa
現代アートは、ハリウッド映画のような「消費の快楽」の分野だと思われがちだけど、そうではないということが直近の時事事例を交えて丁寧に解説されている。素晴らしい内容。
2017/07/07 13:22:07
sekiryo
芸術であったとしても法を犯したなら罪に問われるのは当たり前なのにアート無罪達は芸術として成立してるから無罪って主張する訳で俺が許したからこれは無罪なんてのは無理だし文句を言われるのを止められはしない。
2017/07/07 13:36:59
blackrabbit1
主題ではないですが、草間彌生はむしろフジ子・ヘミング的な文脈とあわせて消費されているような印象が。で、それはそれで「ごく表層だけで扱われている」と思います。
2017/07/07 13:38:31
kamezo
論点整理的インタビュー/「お騒がせ作品」は考察のぬるさの現れ、陳腐でさえある(超要約)は同感だが、では熟考された作品はとなると先鋭的な美術オタク以外は理解できず観客も場も得られないジレンマも。
2017/07/07 13:42:49
hotelsekininsya
表現の自由とアートの関係、か。深い話が読める良記事。ブラックボックス店騒動については、アブラモヴィッチのあれでとっくに答えは出てるという気も。要するに自滅する危険を孕む。そこは認識しておかなきゃね
2017/07/07 14:21:41
chilly3855
勘違いアート商法やめてほしい。東京デザインウィークの事件は本当に辛かったしまだ終わってない。あの時もっとこういう議論が盛り上がるべきだったと思う。自分の作品に責任を負わない者はアーティストとは呼べない
2017/07/07 14:21:45
kunioya
第十二条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
2017/07/07 15:07:50
k_oniisan
愚にもつかない展示物をアートとして金払ってまで有り難がる者は、肉屋を支持する豚であり詐欺師を擁護する被害者と同類。いい鴨だね。
2017/07/07 15:32:40
shibacow
文中零戦が出てくるが、iphoneもその機能美とは裏腹に手軽な弾道計算や自爆装置の起動に使われるが、それとの境界線はどこだろう?
2017/07/07 16:00:31
xga
『帝国は今日も歌う』は俺も見たけど、ゲリラ撮影で権利処理なんて一切されてないし、特定の政治団体を自治体が後援することにつながるから、いくらすごくても公共の美術館が上映するのは無理でしょうよ。
2017/07/07 16:00:56
Cujo
『「表現行為は人を傷つけるもの」というレトリックは()表現者が自ら検証して正当化出来るのかを問う責任がある。きちんと他者を納得させなきゃいけない』
2017/07/07 16:04:47
hiruneya
ああ中身読まずに勘違いしてた。あれをあえてアートの文脈で語ることでなに一つ褒めるところはないことを確認して、そこから今のアートや表現の問題について絡めていく話だった。
2017/07/07 16:16:14
field_combat
時々読み返したい。表現の自由は大事だけど、何してもいいわけじゃないし、かといって制約多すぎたら何も出来ないし、退廃芸術になっちゃう。表層だけの消費が多すぎるなど
2017/07/07 16:21:19
hate_flag
「アートである」ということと「犯罪である」ということは全く別の独立した事象なので「うん、アートだね。でも逮捕」ってスタンスがいいとおもう。免罪はされない。
2017/07/07 17:28:57
piripenko
“自分の感情をそのまま肯定していいっていう教育を美術がしているとしたら、美術はいじめに加担してるのと構造的には一緒” タイムリーな言葉。考察の幅が広く読み応えがすごい。
2017/07/07 17:37:29
quick_past
社会への着地点ってそういうことだと思ってるし、実際はアートの力を信じてないから、受け手と発信側の内輪文化の内部でチャンスオペレーションやハプニングと言った古い手法の再生産になってるのでは。
2017/07/07 17:41:26
gcyn
『ブラックボックス展に行った人の感想で、「すごいアートだ」みたいなものも多くありました』『その場合のアートって何なんでしょうね』『中身がすごく表層だけで扱われている。作品だけで、文脈が置き去り』
2017/07/07 17:46:15
skam666
“お騒がせ的な逸脱が、表現行為そのものだとされてはいけないと思います。あまりにも安易なお騒がせ行為ばかりが繰り返されていると、表現の自由の価値っていうのを多くの人が信じなくなるかもしれない”
2017/07/07 19:48:47
type-100
“自分の感情をそのまま肯定していいっていう教育を美術がしているとしたら、美術はいじめに加担してるのと構造的には一緒”
2017/07/07 22:18:28
worris
アートであることと犯罪であることは両立するだろう。それで話は終わりじゃないの。
2017/07/07 22:39:42
seppatsumariko
日本で「高いコミュニケーション能力」というものが、しばしば「多数派の他者に意見を合わせ、対立しないこと」にすり替わってしまいがちなのも、このメンタリティと大いに関係がありますね。
2017/07/07 22:53:36
and_hyphen
なんども反芻したい記事
2017/07/08 07:38:24
wosamu
Chim↑Pomやろくでなし子は良いけどブラックボックス展はダメという理屈はアート界の外の人にはなかなか理解出来ないのではないかと思う。
2017/07/08 11:10:50
Panthera_uncia
お騒がせアートじゃなくて犯罪パフォーマンスとでも呼んで欲しい。記事は素晴らしい
2017/07/08 12:08:25
ustam
↑↓おそらく作品を観ていないであろう人たちが偉そうに語っていることに違和感を覚える。この中で象徴的に語られているのは小泉明郎さんだと思うが、彼の作品を観た人はブコメの中にどれだけいるの?
2017/07/08 12:31:37
NAT
アートとは何かという話。新しい刺激や強い刺激を求める「アート」、文脈と対話のある「アート」、対象の多面性を見る契機を与える「アート」。どういうアートが良いのか。
2017/07/08 13:30:42
tohokuaiki
チンポムのその後が全然わかんない。そんなに評価されるようなことになってんの?
2017/07/08 17:28:36
egamiday2009
新しい・刺激・逸脱それそのものだけでは浅薄で、文脈・価値の問いかけとコミュニケーション、その継続が大事、という理解まで。要再読。
2017/07/08 20:20:34
u-li
“表現行為は人を傷つけるもの」というレトリックは、その行為の出発点の衝動とか感情は正当化できるのかということを表現者が自ら検証して問う責任がある”“それができなかったら、あなたの感情の吐露は差別です”
2017/07/08 22:20:46
monaken
「作品の真価」より炎上上等で無茶したもの勝ちなら「誰でも良かった」と言いながら弱い人ばかり刺した通り魔と何ら変わりない。
2017/07/08 23:16:52
AnonCirrhitus
鑑賞する訓練が足りてないから才能のない連中までこぞって表現者になりたがるんだよ
2017/07/09 00:01:13
gambol
もっとバズってもいいと思うというか広まって読まれてほしいんだが伸びないなぁ・・・
2017/07/09 12:41:19
wothello
“それに、お騒がせ的な表現は、日本の芸術家が政治の問題を全然扱わないっていうことの裏返しのような気もします。”
2017/07/10 08:07:06
hmd703
草間彌生展みてほんとそうおもった。小さい子が怖がってみたがらなくて、その根底をもっと掘り下げて見せるやり方もあるよなあと。
2017/07/10 10:51:53
georgew
日本では、アートの中身がすごく表層だけで扱われている。作品だけで、文脈が置き去りにされてしまうんですよ > 現代美術がことごとく海外評価の逆輸入になっている状況がそれを物語る。
2017/07/10 10:52:13
securecat
ブラックボックス展とその他のアート作品とを並べているのが違和感あるが。ピカッの文脈だとこういう https://goo.gl/edTLNV 記事があり八谷さんの回答がアートの見解として腹落ちするので八谷さんにインタビューしてほしい
2017/07/10 12:22:46
Cru
アートの側よりまず社会学的アプローチが読みたい。どうバズられてどういう事具合に広まって行ったのかの調査分析を。サクラのツイートが大量に混じってたりはしなかったのか。後の方で入場客の選別を批評的文脈で行
2017/07/10 14:21:31
garage-kid
434
2017/07/10 16:05:13
zackey2001
とても腑に落ちたけど、たぶん表層的にしか理解できてないから、いつかまた読む。