2017/10/03 21:48:12
globalizer
早くできるようになる、ということはあるでしょうけど、それ以上でもそれ以下でもない…つまり、将来的に結果は大きくは変わらないと思います。 ←うまい事いうね。
2017/10/05 20:25:17
iga_k
いい話
2017/10/05 22:18:04
Outfielder
「特定の勉強、科目が得意か苦手かは、教育効果よりも生まれつき決められていることのほうが大きい」
2017/10/05 23:21:40
djkaz
「無理強いの早期教育」「親の夢は子どもに託さない。夢は自分でかなえなさい」「自己肯定感」「あまり小さな時から挫折感を味あわせない方がいい」「自分大好き」などなど、役立つキーワードが満載の良い記事。
2017/10/05 23:47:13
vaxcaslani
イチロー選手が野球を始めるのは遺伝子によって決まっていたのか?藤井四段が将棋を始めたのは遺伝子によって導かれたのか?卓越した才能を持つものは遺伝子によって運命の如く進む方向が決められるのだろうか
2017/10/05 23:50:15
interferobserver
遺伝子を絶対視しすぎじゃないか? 幼児教育によって非認知能力が効果的に向上したという研究があるが。
2017/10/06 00:22:39
operator
人生の時間は有限なので、その子の将来に役立つことは、早くできるようになると周辺領域もよく伸びるんではないかな?その子の得意なことに当たるまで色々試すと良いのかなぁ。
2017/10/06 00:35:21
p_papua
”遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ”というが,結局,本人の上限が未知だから,押しつぶしてるか否かも判断できないんだよね。だから過度にやらせる親も出てきちゃう。
2017/10/06 00:51:08
wow64
先んずれば制すというけど二十過ぎればただの人とも言うしな。
2017/10/06 01:12:52
kpkpkpchang
キラキラネームとかより本質的な話。
2017/10/06 01:35:03
camellow
遺伝で決まってるから何をやらせても無駄と言ってみたり、習い事を無理強いして才能を捻じ曲げるなと言ってみたり、なんか矛盾したようなフワフワしたテキトーな事を言ってるなあ。話し半分で読んでおくわ。
2017/10/06 01:59:54
cocoxxshinya
“か? ”
2017/10/06 02:17:30
mmm143
いろんなことをやらせる為に早期教育、という意見もあるけど、早く習いすぎて苦手意識が出来てしまうことも有るんだよな。例えば3月生まれはスポーツ不利、というのは統計にも出てるし。苦手意識を植え付けては駄目
2017/10/06 02:26:18
Mozhaiskij
「遺伝子で決められた能力を押しつぶす」とは具体的に言って欲しい。
2017/10/06 02:30:31
peperon_brain
前向きな諦観って感じで概ね同意なんだが…環境要因はほとんどない、ってのは本当なのかね。「普通」は案外高度、みたいにバイアス掛かってるような気がしてならない。
2017/10/06 02:49:54
mogmognya
"子どもにさせずに、今からでも遅くないですからご自分でやってみてください" これ大事だわ。マジ大事だわ。
2017/10/06 03:05:18
kaz_the_scum
無能な雑魚労働者であるワイは、遺伝子が駄目なせいなんだ。うん、きっとそうだ(笑)カスは消え去るべきなんだ。
2017/10/06 03:42:22
workingmanisdead
自己肯定感ゼロ、マイナス一億のわたしが言う。自己肯定感があれば人生なんとかなる、挫折してもやっていける。他人を恨まないから周囲とうまくやれる。学歴なくても自分食わせるだけの力は身につく
2017/10/06 04:58:24
twainy
かなり雑な議論だと思うけども。まず身長は遺伝子だけでは決まらない。早くできるようになる、ならば自己肯定できるという意味はありそうにおもえる。確たることが言えないからと言って意味がないとは言えない
2017/10/06 05:47:34
matsuo0221
子どもに夢を託すの気持ち悪い。指摘の通りで、今から自分で叶えれば良いと思うし、今はもう遅いなら別の夢を追えば良い。
2017/10/06 06:24:47
i_magawa
いい記事
2017/10/06 06:26:20
pinkyblue
親の自己満足という面では「意味ある」と言えるかもしれんけどね
2017/10/06 06:57:10
iekusup
ほー。
2017/10/06 07:19:27
smallpalace
時間を何と交換するのかってことで好きなことにはついかけてのめり込んでしまうから長じるんだろうからな。子供に向いてるのが何か遺伝子検査はしてみてもいいなーとは思ってる。
2017/10/06 07:31:27
nadaredana
あまり早すぎても無意味なのかもしれないが、ゴールデンエイジというのもあるわけで、子供の頃の教育は重要。誤解を招くタイトル。
2017/10/06 07:32:18
dc42jk
この教授の経験に基づく発言なのか、明確なエビデンスがあって発言しているのかわからない微妙な記事。エビデンスがなく経験に基づいた発言ならそこら辺のオッサンが発言しているのと変わらない。
2017/10/06 07:38:28
kaerudayo
いいことを言ってると同時に悲しくもなる。すべては遺伝子からなんだわ
2017/10/06 07:40:57
yoiIT
“脳の形や機能が作りあげられていくための遺伝子の“決定力”はとても強く、少々環境が悪くても、大事な部分はしっかりと作られていく”
2017/10/06 07:45:15
camaci_mv
天才は育てられない、って趣旨だと思うんだけど、たとえば、年収400万円の大人になるか600万円の大人になるか、っていう視点が根こそぎ抜け落ちていて、世の中の親ってそういうこと考えてんじゃないの?知らんけど。
2017/10/06 07:46:17
tomatobune12341
共感しました。
2017/10/06 07:48:26
kash06
大雑把な解釈だが、この先生の言う遺伝は種として人類が定められているような大きくて強固な枠組への信頼だろうか。それをベースにして、基礎的な交流や欠乏を防ぐ方が、幸福への影響が大きいと(社会的要素は次?
2017/10/06 07:55:09
skel
よい記事だ。小児科医が顔だして答えてくれるのはありがたい。
2017/10/06 07:55:46
izsatoshi
早期教育が有効かどうかという研究は「とても膨大で難しい研究になると思います。簡単には結論は出ない」と言いながら「早期教育は意味がない」と断言する奇妙な記事。早期教育から起きる問題の提起自体は妥当だが。
2017/10/06 07:57:40
marony0109
ウチも褒めて育てるをモットーにしている。だが幼稚園の先生曰く、褒めてばかりだと少し出来ないだけですぐに投げ出してしまう子になってしまう、と言われた。どうしたもんかなー
2017/10/06 07:58:32
helioterrorism
早期の「選択と集中」や無理強いには意味がないという話。
2017/10/06 07:59:22
Balmaufula
ラーメン作りが上手そうな人ですね。中身は薄味でもやしマシマシな感じ
2017/10/06 08:05:35
cocoronia
天才にするのは不可能という意味では早期教育に意味は無く「遺伝子により決められている」のは確かなのだけれど例えば算盤を習わせていると皆よりちょっと計算が早くて算数への苦手意識がなくなるとかはあり得る。
2017/10/06 08:10:07
yujimi-daifuku-2222
これ、結構すごい事言ってます。/もし仮に人の能力の多くが生まれつきのものだとしたら、我々の社会に現存する学歴や職業による格差を正当化出来るのだろうか。産まれ持った能力による差別は何処まで許されるのか。
2017/10/06 08:12:04
yukimurasama
教育としてではなく、経験としていろんなことにチャレンジするのがいいよねぇ。私は小さな頃から自然とローマ字導入されてたおかげで今英語を教える仕事についてる。公文で嫌々学んだ数学は頭痛がするくらい嫌い。
2017/10/06 08:13:44
kykomi
やってみないとわからないから、とりあえず少しは努力する方向で行きたいです。
2017/10/06 08:15:17
osca5006
「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは (1/7) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)
2017/10/06 08:16:44
shields-pikes
子供の教育における親の役割は、多くの機会を与えてあげること、たくさん褒めてあげること、やりたいことの邪魔をしないこと、悪事や危険行為を叱ること、何があっても絶対に味方でいること、くらいかなって思う。
2017/10/06 08:21:13
backstar88
『横峯式』がいかにインチキかわかるな
2017/10/06 08:25:20
hiro_curry
「育て方を間違った」なんてことはありえないから、のびのび育てろということでは。
2017/10/06 08:29:20
plutan
だいたい経験則でわかったことが書いていた。同じ教育を受けたって同じように伸びないわけだしね。持って生まれた能力に知識を与える程度しかできないと思っておいたほうがいい。
2017/10/06 08:35:44
babandoned
早くから自転車が乗れると自転車選手、スイミングに行かせるからってオリンピック選手になってほしいなんて大体の親は思ってないと思うが、、教育の期待がずれてる
2017/10/06 08:43:27
yu-kubo
“そうです。多くの場合は、お母さんのせいでも、産科の先生のせいでもなくて、赤ちゃんが持って生まれた運命によってそうなってしまうだけなのです。”
2017/10/06 08:46:43
kaishaku01
読んでなんだかホッとした
2017/10/06 08:53:36
m_ogawa
タイトルが微妙。自己肯定感の向上、将来の可能性を広げることが大切で、そこに早期教育は貢献しうる。つまり意味ある早期教育にするために、無理なく活用すべし、と読めるのだけど。
2017/10/06 08:56:46
ryun_ryun
幼児にしつけしろとか言う老害がいるけど、厳しくし過ぎると人の目を気にしてばかりの臆病な子になって将来苦労する。実際子育てしてみると子どもの心理がなんとなくわかってくるもんだ。
2017/10/06 08:58:10
monochromekk
この話だと、子育ては加点要素は多くなく、減点要素が大きいということか。親が良かれと思ってやる事が減点要素になりえるからねぇ
2017/10/06 09:04:44
haruten
概ね同意だけど、幼児教育でちょっとだけ先行して得たものがあれば、周囲からのちょっとした優越感をもとに自分でさらに努力する方向性ができて、それがたまたま遺伝子の方向性と一致してたら花開くなんてことがきっ
2017/10/06 09:09:48
chambersan
褒め方も難しいなと最近思う。カンの良い子はコントロールされている事に反発したりするし。自己イメージが現実より上になり過ぎ失敗を極端に回避するようになった子供に、失敗は有益だという事を根気良く教えてます
2017/10/06 09:13:39
good2nd
幼児期の教育投資と成人後の生活に相関があるって研究もあるよね/無理強いするなってのはわかるけど、社会ダーウィニズムに繋がっても困る。
2017/10/06 09:15:46
six13
「遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ、必ずそれは必要なときに出てくるはず」
2017/10/06 09:16:03
gambaruko
持って生まれた才能とか能力を探るためにいろいろやらせてみるっていうアプローチは確かに有効だけど、そこに先行者利益を期待しても意味ないっていうのはすごくよくわかる。才能って開けてびっくり玉手箱的な感じ。
2017/10/06 09:16:16
headba3
一つの考えに過ぎねーわな。
2017/10/06 09:16:45
olicht
胎教とは何だったのか
2017/10/06 09:28:32
superabbit
息子は褒めて育てた結果、褒められることが目的となり、褒めてもらえないと思う無理めの課題を回避するようになった。間違うことを嫌い、失敗を極度に恐れる。レジリエンスを鍛えるにはどうすれば良いのだろう。
2017/10/06 09:30:18
blueboy
スポーツと音楽については、4~5歳からの早期教育は意味がある。例。モーツァルト。福原愛。ただし天才レベルの話。/一般の知育教育も、脳の発達という意味で、少しぐらいは効果がある。完全放置だと野獣化する。
2017/10/06 09:38:49
e-takeuchi
早期教育のリターンは不確実ではあるが、才能や適性を発見してあげるという役割はある。カネがあればの話だが。
2017/10/06 09:45:00
deep_one
(途中まで読んだ)カナヅチにさせないために幼児水泳をさせるのには意味があるが、オリンピック選手になるには適性が必要…つまり普通の範囲では「意味がある」だな(笑)
2017/10/06 09:45:03
Yagokoro
まあ、双子の研究を調べると、ほとんど遺伝要因だからな。親は要するに虐待せず愛情を注げばOK。後は運みたいなもんだ。
2017/10/06 09:47:59
nankichi
早期教育自体は良。ただ「できなくてはいけない」になってしまうのがイクナイ。できたところだけムッチャ褒めて、万能感を味わうことが大事。例えば、国旗を覚えるならザンビアの国旗解るけどアメリカ知らなくてもOK
2017/10/06 09:48:51
zZwIwl
この記事、今年ベスト級かも。納得いくことばかり。
2017/10/06 09:50:30
u5_h
子供が生まれて、早期教育って母親の社会復帰のために誰かに代理を頼むだけのことだと思うようになった。
2017/10/06 09:52:09
kekotinn25
なるほどなー。もろもろ納得。自己肯定感はほんと大事だと思う。/時間のある幼児のうちに色々やらせておけば中高で英語に苦労しないよ、ってのをこないだ読んだのだけど、それはどうなのだろう。。
2017/10/06 10:00:57
Fromdusktildawn
<取り違えられた男性A>3歳時、育ての父親が死亡→貧困→中卒で働く→(血縁の無い)兄を介護しながらトラック運転手 <もう片方の男性B>小中学校時代から家庭教師→大卒→不動産会社の社長 bit.ly
2017/10/06 10:01:42
ilya
2017.10.3
2017/10/06 10:10:54
tomemo508
家系図とそれぞれの人の人生の概略が書かれたものを見せられたことがあるけど、全体的にはまさにそんな感じだった。当然のことながら、一部、例外はあったけど。
2017/10/06 10:11:52
ponnao
しごくまっとうな意見。ネガティブな人やそこまでやる余裕がない人向けの記事じゃない?早期教育をやるような余裕のある人はやったらよろし。
2017/10/06 10:17:26
dadabreton
すごいな。「お前ら遺伝子レベル下等民が頑張って子育てしても足も速くて一流医師の俺みたいなエリートを育てられないからw」って言ってる。
2017/10/06 10:18:56
charlestonblue
「子どものうちに成功体験を積んだ人間は強いですよ。」 人の発達段階は環境にあまり左右されないよう遺伝子で強固に守られているという言葉に納得した。
2017/10/06 10:19:01
aona_ni_sio
自己肯定感あるひとはすてきな人が多い[教育][育児][子育て]
2017/10/06 10:27:04
toaruR
なまじできる子キャラになって、期待される苦痛などから、嫌いになってしまって元も子もない感はあるよなー(´・ω・`) モチベ制御がうまくなりたい
2017/10/06 10:28:21
hibigen
「親の夢は子どもに託さない。夢は自分でかなえなさい」
2017/10/06 10:32:29
chibijumper
環境による要因が全てではないので、安心しなさいよ。って話じゃないの?
2017/10/06 10:32:58
ijustiH
幼児教育の重要性へのメンションはない。必要な環境は日本では普通に手に入る、という部分に暗に入っているのだろうが…。習い事にそんなに意味はないというのが主張でそれは確かかもしれないけど。
2017/10/06 10:34:23
hilda_i
子供に将棋教えたらあっという間に強くなってスマホのアプリじゃもの足りなさげだけど、習い事としてやらすかは悩ましいわ。私は楽しんでやればって思ってても勝手に期待かける大人は他に出てくるしさー。
2017/10/06 10:37:04
mikarico
イチローの野球とか、藤井四段の将棋とかも遺伝子で決められてたの?って問いあったけど、卓越した運動能力や頭脳は遺伝子レベルで決まってて、環境で野球になっただけで、たぶんサッカーでもテニスでも花開くレベル
2017/10/06 10:38:00
saki-00
早期教育ってのは、(できるなら)小さいことから色々な体験や経験をさせる機会を与えてあげればいいんじゃないかなーぐらいだと思ってる。どの機会から子供が道を選ぶかは自由だから親はそれを見守ったらいい
2017/10/06 10:38:19
augsUK
特にタイトルは言い切りすぎ。「早期教育をしたからといって必ずしもその分野での成功が保証されるわけではない」「早期教育は自己肯定感の醸成に寄与する」くらいの話がなんでこうなった?
2017/10/06 10:46:56
kuippa
早期教育はパラメーターの極振り。みな時間は同じで幼児期には教育外の環境体験も重要なんじゃねぇかな。学習速度に違いはあるだろうけど結果は遺伝的要因で補正される。
2017/10/06 10:49:53
dal
遺伝過激派な意見だけど、自己肯定感は遺伝しないんですかって聞きたい。そこだけ環境で操作できるのってどうなの?
2017/10/06 11:17:05
sakidatsumono
妥当な指摘
2017/10/06 11:28:24
firstbento
毒親ほど理解してない→「親の夢は子どもに託さない。夢は自分でかなえなさい」/睡運暝菜でしょ→「子供の教育における親の役割」
2017/10/06 11:28:40
tororo1konbu
子どもの為を思ってと言いながら自分の為の子育てをしてる親が多過ぎるよね
2017/10/06 11:43:54
BigHopeClasic
“「自分の夢を子どもに託したくなるものですよねぇ」「高橋先生:子どもにさせずに、ご自分でやってみてください(苦笑)」”全部に渡って先生の語りが最高w
2017/10/06 11:46:00
warp9
あとで・・読むかもしれない
2017/10/06 11:47:48
tikani_nemuru_M
早期教育でガキを縛り付けている風潮への解毒になればええなあ。ちょっと遺伝子至上主義的に解釈される危険がないわけでもないけどw
2017/10/06 11:49:17
tetsuya_m
子育てのベースラインとしてとても頷ける話ばかり。ただしバイオリンのように幼少期から始めないとどうにもならんものもあるし、親の志向や関与の余地は凄くあるのも事実
2017/10/06 11:53:15
Pgm48p
早期教育の有用性は医科的に証明されてないのでこの指摘は当然。それに教授は発育段階を軽視したつめこみ学習の前倒し的な狭義の解釈で早期教育を論じている。その二点も踏まえず教授の発言に憤るブコメが多い
2017/10/06 11:59:27
hiruhikoando
笑いのタイミングといいものの言い方といい随分理不尽な相手との対話に長けている先生だなと。内容もさることながらそこらへんも参考にしたいところ。
2017/10/06 12:03:56
wdnsdy
絶対音感は早期教育しないと身につかないけど、絶対音感を持てたからって素晴らしい歌手や作曲家や演奏家になれるわけでもない。別に能力は将来を保証してくれないんだよなあ。性格がダメで失敗したりとかもあるし
2017/10/06 12:06:02
vlxst1224
“子どもの頃から牛乳をたくさん飲んだんですよね。それでも背が伸びなかったのは、そもそもが「どうにもならない問題」だったからなのですね(苦笑)。高橋先生:まあ、そういうことですね(笑)” 笑うなああああ
2017/10/06 12:07:58
bandil
教育に携わっている者としてこのご意見にはほぼ同意。唯一異論があるのは義務教育に過信されておられる点。昭和のそれを前提とされてるのではないだろうか。そこだけが惜しいと感じた。
2017/10/06 12:08:58
suquiya0
人間の成長には色々な要因が絡む。
2017/10/06 12:12:40
snobocracy
とても腑に落ちる。
2017/10/06 12:14:47
dabenronbu
早期教育は多くが親のリベンジになってしまうから、子供のやりたいことよりも親のやらせたいことをやるから失敗するのだと思う。
2017/10/06 12:17:02
Ukey
その理由とは「学力は遺伝だから」
2017/10/06 12:21:48
siosiokawa
よくわかるんだけど、早期教育が絶対必要な分野もあるので全面同意しかねるなぁ。ちょっと言い過ぎ。
2017/10/06 12:24:03
geekpage
記者の思い込みに対する教授の反論を分けつつ読まないと誤読しやすい記事。教授は「教育環境は重要な環境要因の一つ」と言っているし、遺伝要因に関しては身長や好き嫌いといった特定の内容を指していると思われる。
2017/10/06 12:26:19
oryzae07
特に驚きはなくて、その通りだよな、と頷ける内容だった。ただ、敢えてこれを発信しなければならない世の中なのもわかる。
2017/10/06 12:27:40
sai0ias
僕たちは遺伝子には勝てないんだ。
2017/10/06 12:34:38
pokochan55
耳が痛い・・・^^;結局、遺伝子か・・。
2017/10/06 12:34:47
taketack
いいこと言ってるが信用していいんだよね?
2017/10/06 12:38:42
keys250
信じる信じないも、結局親次第。子供は天然自然のピュアなもの。
2017/10/06 12:41:00
pachikorz
(やりすぎは無意味と前置きしたうえで)たとえば個人的に早めに学習を進めておくと,時間的優位性があるので,集団学習の場では他の子に先行できる。それもひとつの自己肯定感に繋がるのでは。
2017/10/06 12:47:54
bornslippy
それでも 早期教育を肯定したいブコメばかりだな。
2017/10/06 13:00:35
toyoben
早期教育は、ある知識や技能を身につけさせるのではなく、それらを身につけるための基盤となる体力、感覚、感性を育てるためにするべきだと思う。
2017/10/06 13:00:59
Sei
機会を増やして(やりたがることをやらせて褒める)リスクを減らす(危険なことは叱る)、それ以外にやることはないなと思って子どもを育ててる。思春期までに自己肯定感をしっかり育てておけたらいいなと思ってる。
2017/10/06 13:01:31
kaionji
早期教育はアメリカで研究されてて効果は立証されてたけど。
2017/10/06 13:02:29
Melonpankuma
教育関連で久しぶりにまともな意見を読んだ気がする。
2017/10/06 13:09:00
ackey1973
卓球の福原愛とかレスリングの吉田沙保里とかは、早期教育で親の夢を子供に託したように見えるけど、その辺はどうなんだろう?
2017/10/06 13:28:08
itouhiro
「環境に関係なく、身長や能力や性格は遺伝子で決まる。胎児時代から意思疎通が始まる。自分の夢は子に託さず自分で。早期教育で将来の知能は高くならない。スポーツや習い事は楽しみとしてやる。無理強いは禁物」
2017/10/06 13:42:01
ene0kcal
早期教育に意味がない、とはワロス。殆どの場合、早期教育の目標に向かっての(人生)環境が不十分だから水に帰している。遺伝子が設計する機能を超えての能力は出ないのはわかるが。
2017/10/06 13:42:09
goldhead
nature via nurture./ハイランダーでも船で輸送されることがあるから水泳だけは早めに習得させたほうがいいように思う(ダンケルク脳)。
2017/10/06 13:57:08
biztaka
早期教育と幼児教育はまた別よね。あと早期教育や自転車に早く乗れるというのは子どもに「自分はできるんだ!」と幼少期から自信を付けさせるには一役かってる(我が家の場合)。すべては自己肯定感のため。
2017/10/06 14:07:13
OTAKUPAPA
遺伝子はあくまで一つの要因にすぎない。天才アマデウス・モーツァルトの親父は作曲家としては凡庸だったが、早期教育で厳しかったことで知られている。優れた教師や友人などの環境を用意しなければ天才も育たない。
2017/10/06 14:14:45
KAZ99K
胎教の話すごい良かった。なるほど、確かに胎児には聴こえてないけど、パパママの心の中に、赤ちゃんへの愛情を、生まれる前から育むのね。子どもの幸せのために一番大事なことかもしれない。
2017/10/06 14:15:27
Chinosoko
偏った早期教育で大きな機会費用を払って重要な物を潰すのも環境要因の内。/ "「学校に行きたくないという症状」" ちゃんとカギ括弧を付けてる記者偉い。これで「病気じゃない」と読者に伝わってるか心配ではあるけど
2017/10/06 14:43:52
kobeni_08
ここまで「あー遺伝子で決まってるからー」と言われるとそれはそれでどうすりゃいいのという感じで、例えば目の前の子が何か勉強や習い事でつまづいた時に「遺伝子のせいだわ」って思えるかっていうと微妙。
2017/10/06 14:47:06
tube123a
この手の話は、人によって想起するイメージが違いすぎて、結果的に要不要の二元論で対峙する構図に陥る傾向が強いですね。子供という大雑把な括りではなく、一人ひとりの「その子供」をよく見て考えたいものです。
2017/10/06 14:47:20
yoshiko_pg
”小さい頃から勉強させたからといって、将来の知能が高くなるとか低くなるとかいうことありません。何かを変えられるとすれば、自分に自信を持つ子になるかどうかということ。そこは親の育て方、環境要因” それな
2017/10/06 14:47:23
karotousen58
私の居住地域で支持者多数の「ある種の」早期教育。「小学校でぼっちになったらまずい。だから、同じ小学校に進む子供がたくさんいる幼稚園・保育園に入れて先に友達を作る練習を。」という形の。私なら落ちこぼれる
2017/10/06 14:48:25
zeromoon0
正確には「(子供に合わない)早期教育は意味がない」だね。
2017/10/06 15:53:07
hiduki001
幸せに育ってほしいってことだろうし、それは完全に同意。でも前半は遺伝子で〜と言いながら最後は色んな要因が〜。更に「明確なデータはない」→早期学習に意味があるかもってこと。早期習得も経験の差で意味ある
2017/10/06 16:22:26
Louis
なんかこれもこれで鵜呑みにして良いものか少し悩む
2017/10/06 17:12:09
kingpon
訓練に耐え、鍛え上がる素質がある子が訓練生になるんだよ。犬の本に書いてあった。
2017/10/06 17:21:27
renyuu
早期教育で他よりできることに自信を持ち、結果として自己評価が上がる場合、この先生の主張は矛盾する。「早期教育=能力の向上」ではなく「自信をつけさせる」目的なら遺伝決定論者のこの先生も認めるのだろうか。
2017/10/06 17:27:37
ntnajp605
早期教育プログラムってエセ科学に片足ツッコンでるのよね。そんなものに子供振り回すなってハッキリ言わなきゃ分かんねえのか/子供に合う早期教育ならオッケーなんてどこにも書いてねえだろ。曲解すんな
2017/10/06 18:27:10
miyajimamitsuru
「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは
2017/10/06 18:38:13
rsk_idr
]
2017/10/06 19:19:49
ebibibi
素晴らしい記事。
2017/10/06 20:01:36
keiji_kc
早くできるようになることで、自己肯定感を育むこともできるんじゃないかなぁとも思うのです。本人の意思が何より大事だろうけど、意思を育むのは親の責任だとも思う。まぁ、子育ては一筋縄ではいかんです。
2017/10/06 20:16:57
kawa106
"出来ないこと、嫌いなことはできなくて良い、自信を失わなくて良い。だからこそ、親としては子どもの「出来ること」「得意なこと」を探してあげることが大切"主題このへん/英才教育と早期教育はまた別物
2017/10/06 20:44:24
i_ko10mi
タイトルが宜しくない記事かな。早期教育反対ではなく、無理してやるよりは大事な自己肯定感を育めるようにしようという、発達に関する知見のある人からの意見だった。/自己肯定感は大事!
2017/10/06 21:02:05
drinks
他人を恨む(怨恨)というのは最大の悪徳であり他人にも自分にも害をもたらすと福沢諭吉の本に書かれていました。褒めて自己肯定感を育てるということは自然とそれらを回避することにつながるのだろうね。
2017/10/06 21:07:03
kei_1010
早期教育はかなり重要だから、国も予算を付けようとしてるんだと思ってたけど。この記事が、無理強いさせて精神にダメージを負わせるのは良くない、程度の意味なら同意できる人は多いと思う。
2017/10/06 21:12:50
Amire
いい記事。子供のころ、嫌いな習い事を何年間もさせられてたことを思い出した。明らかに向いていなかったし、何の為にもならなかった。はやくやめて、得意なことを探すべきだった。
2017/10/06 21:35:07
pikopikopan
私は短期記憶が大変残念なんだけど、ここを鍛えようとした時間がほんと意味なかった。その時間を自分に向いたことを探すことに使いたかった。
2017/10/06 21:40:42
shufuo
周囲には習い事にかけるお金があるなら学資保険にまわせとずっと言ってる。履歴書に書けないピアノより大学の学費を払ってやれよ。
2017/10/06 21:45:14
neco22b
本人がやりたいのならやらせればいいのだー。/まあ、語学については早期教育にも効果がありそうな気もするが、まずは母国語を優先するべきだよなー。
2017/10/06 21:50:52
voodoo5
私の場合、習い事はやらされてる感じだったけど、親の強制力が強いのと意思の弱さでいやだったけど通ってたな。ギターなんてもう弾きかたも忘れたよ。
2017/10/06 21:57:39
hitodie
途中で読むのやめた。主張は単なる遺伝子決定論。そんなことはわかってるけど、みんな運命に抗いたいんだよ。運命に抗うことを、夢というんだよ。
2017/10/06 22:54:34
quwachy
遺伝的要素が大きく馬鹿に教育しても無駄というのはその通りだと思うけど、それと早期教育が意味ないというのがどう繋がるのかがわかりにくい
2017/10/06 23:34:35
kamezo
あまり精度が高くない、ざっくりした語り口なのでブコメでも賛否が割れてる。
2017/10/07 00:31:23
amedata
才能と努力 年齢は関係ないってことか
2017/10/07 04:25:57
yasudayasu
早くから水泳をやらせたら水泳のオリンピック選手になり、幼稚園のうちに算数をやらせたら数学者になり…ということには普通なりません。ですからスポーツや習い事は楽しみとしてやるのが良いと思います。
2017/10/07 05:37:03
tiemirin
@chabodosa_kao 早期教育の記事がバズってるみたいで、その影響で私のもついでに拡散されてるみたい(笑)
2017/10/07 06:56:45
nao-nmr
@tos メモ。
2017/10/07 09:44:52
cebtis
非常に気が楽になった
2017/10/07 11:08:54
uniesta
大事なことは遺伝子で決まっている
2017/10/07 11:08:56
n_y_a_n_t_a
乳児のうちに適性のある分野を検査で確認して育てよう。なおその検査の時点で適性ある分野が見つからなかった場合は地獄の模様
2017/10/07 12:35:28
nasoft
いい記事 色々調べたけど結局コントロール出来るのは自己肯定感だけ 育て方も変えられるのはごく一部だけど 栄養の話もいい 今の日本では不足しないから適当に食べろ ほんと育児書は塩がダメ砂糖がダメストレス
2017/10/07 17:30:35
sakura30cos
自由にのびのび大人になってくれれば、私は幸せです
2017/10/07 17:51:54
nagaichi
ここまで遺伝子決定論に振っちゃうのか。
2017/10/07 19:47:14
giyo381
生まれつきのオツムが全て
2017/10/07 22:47:18
airj12
「意志の強い子に育てるためにするという考えでは決して良い結果は得られません。ご自分が果たせなかった夢を子どもでかなえようとするのはどうかと思いますよ。」いいことおっしゃる
2017/10/07 22:50:27
otchy210
高校生頃に実感として学んだような内容だな。ただ、最大キャパは遺伝子によって決まっているものの、ほとんどの人はキャパ限界まで努力をする事もないから、大抵のことは努力で人並み以上になれるのは事実。
2017/10/07 23:27:14
filinion
胎教とか確かにオカルトだが、全般に粗雑な議論すぎて話にならない。先天的な素質と教育のどちらが重要かは分野によって異なる(まず輻輳説でググれ)。早期教育の効果は成人には残らないが、自己肯定感に影響する。
2017/10/08 03:00:58
inherentvice
物言いが全体を通して断定的に過ぎるなこれ。医師の発言とは言え統計データの類もないし、納得したい話なのになんか納得しきれない
2017/10/08 19:18:12
georgew
遺伝子決定論にバイアスかかり過ぎてる感は否めないが、結論としては親はあれこれ考え過ぎる必要ないということか。しかし慶応医学部はなんでこういう怪しげな先生多いのだろう。