2017/09/17 21:10:16
kazutox
亀の上に象が乗っている宇宙図は19世紀の創作らしい via twitter.com
2017/09/17 21:10:38
barringtonia
"「古代インドの宇宙観」と聞けば、多くの方が大地を象が支え、それを亀が支え、さらに蛇が支えるさま(図1)を連想するだろう。<略>しかし、この宇宙観に言及する古代インドの文献は実在しない。"
2017/09/17 21:47:33
hokuto-hei
玄武が混じったという私の仮説もワンチャンありそう。
2017/09/17 22:13:24
Gl17
ビューティフルドリーマでの引用等、ある意味「古代宇宙観」の象徴みたいに日本人が捉えてきたアレが、19世紀欧州でデッチ上げられた単なるデマだったという研究。
2017/09/17 22:24:05
tskk
誤った「古代インドの宇宙観」
2017/09/17 22:45:58
naryk
一冊本が書けそうなくらい面白かった。それにしてもこういうPDFは誰が発掘するんだ
2017/09/17 23:01:37
endo_5501
"しかし、この宇宙観に言及する古代インドの文献は ̶ 実在しない"
2017/09/17 23:38:10
rrringress
「昔の天文学は宇宙をこのよ うに認識するのが限界だった」というメッセージが込められていることが多いよう に思われる。しかし、ある時代・ある場所における「宇宙観」と「天文学」は全く 別の物として...
2017/09/18 00:30:26
kana-kana_ceo
(インド人を右に)
2017/09/18 00:52:18
uunfo
日本の今の占いの大流行(毎朝テレビ局が競って放送するとか毎月雑誌に載ってるとか)は後世どのように評価されるんだろうね
2017/09/18 01:32:12
machida77
2013年に話題になったtogetter.com
2017/09/18 02:07:07
wdnsdy
あとで読む(スマホじゃ字が小さすぎる)
2017/09/18 02:10:18
fhvbwx
"宗教界と矛盾する説明をしながらも、天文学者はつまはじきにされるどころか、宮廷では占星術師として重宝されたし、彼らが開発した計算に基づく暦は現代に至るまで社会で広く使用されている。"インド人現実的
2017/09/18 02:42:21
K-Ono
第26回天文教育研究会での発表らしい。高校かなんかで見たときも「あーヨーロッパの視点だなー」とは思ったがやはりそうだったのか。
2017/09/18 03:15:48
turanukimaru
やっぱりただのデマだったのかー。なぜそうであると言えるのかって材料が全然見つからないから気になってたけど和訳されてないものに根拠があるのかもって思ってたが全くの無根拠だったとは。
2017/09/18 04:50:59
El_Fire
"誤解だらけの天文学史 ~「古代インドの宇宙観」を例に"
2017/09/18 07:36:23
liaoyuan
「亀の上に象」の宇宙図は19世紀の創作
2017/09/18 07:43:17
munioka303
学者さんはちゃんとわかってたのにわかりやすい流言のほうが拡散するのいまと何も変わってないのね
2017/09/18 07:57:46
natu3kan
>しかし、ある時代・ある場所における「宇宙観」と「天文学」は全く 別の物としてとらえるべきだ。
2017/09/18 08:48:00
delphinus35
読み物として非常に面白かった。
2017/09/18 09:08:42
Josui_Do
面白い/乳海攪拌で大マンダラ山を背負った亀はヴィシュののアヴァターラらしい
2017/09/18 09:16:09
anotokinosobaya
ギリシャやローマあたりの影響も大きいのではないだろうか。
2017/09/18 09:35:05
taka37564
蛇亀象のあれは数ある古代インド宇宙観の1種類と思っていたけど、丸ごと後世の捏造だったのね。加えて、早くから地球球体説も存在していたと。ギリシャと同じ。
2017/09/18 10:04:12
yamada_maya
へー
2017/09/18 10:22:26
fock
面白かった
2017/09/18 11:44:42
beautiful-life01
面白い!
2017/09/18 11:58:06
norick
亀の上に乗った像が大陸を支えてる図は1822年と非常に近年にドイツで出版された本が最古かもしれないらしい。
2017/09/18 12:04:13
quick_past
実際仏教経典に出てくる須弥山のくだりを読んであれっと思った。丸いってすでに認識してたのはすごい。
2017/09/18 12:20:43
akihiko810
蛇亀象のあれは数ある古代インド宇宙観の1種類と思っていたけど、丸ごと後世の捏造だったのね。加えて、早くから地球球体説も存在していたと。ギリシャと同じ。
2017/09/18 12:22:48
oooooooo
1559年に書かれたイエズス会の宣教師の元ネタが知りたい。宣教に行った地域の話ではないの?
2017/09/18 14:10:36
clamm0363
世界は象に支えられていた! <信じる →信じない>
2017/09/18 15:22:36
nise-marina
めちゃくちゃびっくり。
2017/09/18 15:27:14
zyzy
蛇とヴィシュヌと蓮の奴しか知らなかった……。そしてすでにネオアトラスネタやられてた。くっ……
2017/09/18 23:48:56
m-matsuoka
これはインド人もびっくり。
2017/09/19 00:55:54
amino_acid9
めっちゃ面白い
2017/09/19 08:43:36
reasonofreason
インドの宇宙観。
2017/09/19 11:52:08
tana005
通説の中には間違いが混じっている。
2017/09/19 14:04:50
call_me_nots
”「古代インドの宇宙観」と聞けば、多くの方が大地を象が支え、それを亀が支え、さらに蛇が支えるさまを連想するだろう。しかし、この宇宙観に言及する古代インドの文献は実在しない”
2017/09/19 14:09:28
aubergine
あとで読む
2017/09/19 14:14:29
cheep-int
ほー
2017/09/19 18:13:57
mashori
"誤った「古代インドの宇宙観」"
2017/09/20 13:32:29
circled
アインシュタインですら宇宙には始まりは無く不変だったと考えていたので、今現在考えられているビッグバン宇宙論ですら、歴史的にはとても新しい宇宙観ってのはもっと広まって良い認識。