2017/08/15 12:31:52
nsatj
今日だからこそ、向き合うことを考えたい
2017/08/15 12:33:36
takayoz
日本人は同胞の足を引っ張り合うことで自分を浮上させようとするし、ベンチャーとかいいながら八百長で権益確保みたいなのが多いし、ホントに公共の意識高く付加価値を産もうとする人がいなくなったのが景気悪化だよ
2017/08/15 12:34:53
su_rusumi
組織内の議論というのは、相手を認めないタフな精神力があれば不敗だ。そういう成功体験を積んだ人だけが予算を取れる仕組みなんだから、やってる本人たちは本気で精神主義になるよ。たぶんこれからも
2017/08/15 12:51:34
lungta
“自分たちが持っている制度や自分の思想を絶対視しないことですよね。事実にもとづいて冷静に客観的に判断する。「自分はどういうものにとらわれているのか」を考えることです。 あとは、自分と考えが違うものや、
2017/08/15 12:56:15
mugi-yama
インタビュアーの人はなんでやたらと司馬遼太郎を引用してんだろう。そういう企画なのかしら
2017/08/15 13:40:03
minoton
磯田さんの司馬好きは有名で著作もあるし、文体そっくりのエッセイ?を読んだときは笑った。清水義範かと
2017/08/15 14:02:59
ryuzu515
歴史
2017/08/15 14:19:05
yoshihiroueda
部分最適化。これを避けるためには大局が把握できるリーダーを待望することになっちゃうよね。
2017/08/15 15:18:06
nisisinjuku
歴史に学ぶのは良いことだ。ただ、自虐史観が植え付けられている特定の世代がいて、アレは非常に可哀想なことになっている。日本がうまくいくようにするには、フラットにかつ自虐せず。その辺が重要かと思う。
2017/08/15 15:47:05
nyankarate1217
歴史から学ぶことは本当に大事ですね。ただ、明治維新は開国圧力、戦後は敗戦といずれも外部からのガラガラポン。次は内部からガラガラ出来るのか、そこが心許ない。このままではゆで蛙…
2017/08/15 15:57:05
the_sun_also_rises
歴史に学ぶなら国際情勢の分析を軽視した点を改めるべき。国際政治論にとり歴史はその一分野にすぎずその上日本の事例のみで分析するのは更に視野が狭くなる。歴史は過去より今の世界全体の分析が大事と教えている。
2017/08/15 16:52:02
alice-and-telos
司馬遼太郎引っ張り出すんなら朱子学が悪いって言っとけばいいのに。朱子学の正義を基準にして政治を回せば非合理で動くしかねーよなって
2017/08/15 16:55:50
kechack
こまできた経路、道筋、これに依存してなかなかそこから脱却できないという性質。私これを「日本人の経路依存性」と呼んでいるが、これは自覚したほうがいい
2017/08/15 17:20:00
elm200
全く同意だけれども、やはりいま日本は先の敗戦と同じ過ちを繰り返しつつあると思う。そして再び敗戦するまで軌道修正できないのだろうな、とも思う。
2017/08/15 17:21:53
hiroomi
”日本が失敗するパターンというのは、感情的にみんなで同調して盛り上がる時"
2017/08/15 17:23:30
kazgeo
あー、面白かった!大満足。3回、読み返す。
2017/08/15 17:36:05
packirara
こういうフラットに歴史から学ぶ言説をもっと聞きたい。
2017/08/15 17:36:13
plutonium
これは歴史を学ぶことの意味そのもの。にしてもダメなところから目を背けつづけて既存の方法に拘泥しているとそこから抜け出せなくなって失敗するって今現在進行形で失敗してない?
2017/08/15 17:49:36
kitamati
意思決定の場に日本人を置くと失敗する 日本人は下っ端であるときとリソースが限定されてる中でのマクロな工夫が得意な民族なんだから民主化した中国かアメリカに統治してもらうしかないね
2017/08/15 18:14:08
mk16
>日本人がやる官僚システムは効率よく動きますが、一回はじめたら、とめられない、そういう危険をもっていることをあらかじめ、自覚しておかなければなりません。←今だと原発産業絡み。オウンゴールする奴多すぎ
2017/08/15 18:29:06
Dicer
全体的な制度設計・改善や方針策定がほとんど機能せず、現場のがんばり、個人への責任押し付け、精神論だけで物事を解決しようとする習慣が本当に抜けない。
2017/08/15 18:33:41
REV
藩閥の遺残、はよく話題になるけど、「親・英米な薩長閥に対抗するためのドイツ依存」っていう説は面白い。この話、敷衍すると「すべての元凶は卑弥呼!」になっちゃうのが。
2017/08/15 18:35:31
babi1234567890
どうもこの方は胡散臭いと思ってしまうのだけれど、歴史学をやってる方たちの評価はどうなんじゃらほい?
2017/08/15 18:55:56
STARFLEET
司馬遼太郎推し全面でやや江戸時代否定論的なニュアンスの印象だけど面白いインタビュー記事。
2017/08/15 19:02:02
manjirou99
とりあえずみんな国でもでてみて中国語とかドイツ語でもやってみれば?英語もそろそろ飽きただろうし
2017/08/15 19:13:22
kkbt2
「失敗するパターンというのは、感情的にみんなで同調して盛り上がる時」「発展するときに見られる特徴は、みんなが真面目で、自分で自分を教育」「持ち場を与えられて、その範囲で努力することは非常に得意」
2017/08/15 19:16:44
chintaro3
「日本が失敗するパターンというのは、感情的にみんなで同調して盛り上がる時です。」
2017/08/15 19:39:20
nozipperar
民主政権に変わった時の事か また同じ過ちを繰り返しそうだけど
2017/08/15 19:55:50
misomico
"日本人の経路依存性"
2017/08/15 19:56:24
paravola
これまできた経路、道筋、これに依存してなかなかそこから脱却できないという性質/組織を統御する立場の人は、「これまでの行きがかりで変えられず、損をしている部分は何か」をぜひ研究してほしいと思います
2017/08/15 20:07:57
neogratche
ベネズエラに対して軍事力を行使する事も検討してると言うような奴が世界の警察の座を降りているとは言い難いですね
2017/08/15 20:21:50
j3q
日本=ディズニーランドというのは面白い視点
2017/08/15 20:25:11
takamurasachi
「大体の場合、日本が失敗するパターンというのは、感情的にみんなで同調して盛り上がる時です。みんなが「感情の渦」に乗っかってしまう」「スペシャリストを統御する良きゼネラリストを欠くと日本は負けパターン」
2017/08/15 20:49:39
yoko-hirom
『日本は常に世界でナンバーワンの国と組みたがる』 成程その通りかも。リーダーには向かない気質。
2017/08/15 21:13:03
rain-tree
“法治の官僚主義になると、セクショナリズムの弊害が出ます。陸軍は陸軍のことだけ。海軍は海軍のことだけ、外交は外交のことだけを担う…となってくるわけです。全体をゼネラリストとして統括する人がいなかった”
2017/08/15 21:21:54
takeishi
日本国内での薩長英米派とそれ以外の対立っていまだに解消していないんじゃないか?長州閥の安倍政権はなんでマスコミと折り合いが悪いのか、とか。
2017/08/15 21:29:28
Arturo_Ui
"世界最大の人口大国と泥沼の戦争をしながら、(中略)英・米と同時に開戦するという。そんな政治や外交は正気ではない"<<その判断を下した指導者層で、昭和天皇を始め処罰を免れた者が多いことが最大の問題だろう。
2017/08/15 21:29:50
monobako2
官僚組織的な思考への反省は全く足りていない、世界の軍事・政治状況への関心が薄いのもよくないって感じか。
2017/08/15 21:46:24
uehaj
外的要因よりも内的要因の方が重要。なぜなら外的要因を評価し、戦略をたて対応する、人材と組織は内的要因だから。それには繰り返してきた失敗の歴史をまなべと
2017/08/15 21:58:03
lsho_scarecrow
民定憲法を日本が持つのは何時になることやら。明治維新や欽定憲法の帝国憲法を批判的に読み込んだ憲法草案が与野党から出てこないのが悲しい。戦争を抑止するのは憲法しかないのだから。
2017/08/15 21:59:49
GOD_tomato
「日本人の経路依存性」セクショナリズムが未だに蔓延している。
2017/08/15 22:07:05
kagecage
とても良かった。過去の事実の冷静な分析なしに感情や部分的な情報だけで他者や他国を敵視したりする人が最近とても多く見えて怖かったけれど、まずは自分から、現状を冷静にとらえようと思えた。
2017/08/15 22:27:02
DeepForest
「未完のファシズム」(片山)のような理解だな。
2017/08/15 22:35:55
nonsect
あとでもっかいよも。
2017/08/15 22:39:17
akio6o6
“日本は島国なので、しばしば対外的に勢いの強い論調が大衆の感情論になって、責任ある外交を脅かす場合があります。” “「自分はどういうものにとらわれているのか」を考える”
2017/08/15 22:43:53
sky-y
この筆者、『武士の家計簿』を書いた人だったのか…
2017/08/15 23:30:53
yk_wcat
“日本人がやる官僚システムは効率よく動きますが、一回はじめたら、とめられない、そういう危険をもっていることをあらかじめ、自覚しておかなければなりません。”
2017/08/15 23:34:53
quick_past
経済問題も社会問題も大失態続きで次に打つ手がなくなると必ず「北朝鮮が煽ってくるから殴ろうぜ!」 国民を殺しに掛かる政党を何度も戴かんとする国民性。長いものに巻かれろは外交にも波及する。
2017/08/15 23:49:19
tsjtksh
暴走させない仕組みで軍を持つ。戦わないための武力が必要。
2017/08/15 23:53:02
obsv
「経路依存性」と「部分最適化」により、おそらく1980〜90年代に労働と社会保障分野で日本は戦後最大の失敗をやらかしている。この時に思い切った制度改革が出来なかったのは致命的だった。次の破滅は乗り切れるか?
2017/08/15 23:56:37
kamayan
言っていることは〔故意に情緒的な物言いを挿入しまくっている部分以外は〕まあまあ順当だと思う。が、俺はこの人の顔と声が好きではない。
2017/08/16 00:06:24
rxh
面白いインタビューだった。
2017/08/16 00:07:39
BB9
考えれば考えるほど悩ましいことだ
2017/08/16 00:27:33
chiba-2
リアリズム、リベラリズムどちらにも偏りすぎずに、過去に学び未来をデザインしていく能力が必要
2017/08/16 00:47:44
arittake
Twitterで「終戦の日にインパール作戦の特集をするNHKは反日だ」という意見を見かけた。まさにこの記事で言われている、冷静な検証ができない風潮を感じた
2017/08/16 00:55:23
tick2tack
“スペシャリストを統御する良きゼネラリストを欠くと、日本は負けパターンに入ります”
2017/08/16 01:04:03
ohaan
「失敗の本質」を読むと今の日本企業のダメなところが見えてきてもどかしくなる。
2017/08/16 01:55:52
aox
前の敗因は単に竹槍の性能不足では
2017/08/16 03:07:59
ei-gataro
「ただいたずらに聖戦の美名に隠れて国民的犠牲を閑却し、曰く国際主義、曰く道義外交、曰く共存共栄、曰く世界の平和、かくの如き雲をつかむような文字を列べたてて、…」まるで今の時代のことを言ってるような。
2017/08/16 03:15:49
turanukimaru
日本人の国民性と言うより単に議論とは何かを教えてないため議論はただの意見のとりまとめに過ぎない。意見だから正しい結論とは限らない。参考にするだけで判断は自分でやる強力なリーダーがいれば機能するのだが。
2017/08/16 03:47:51
mizumiyako
高校野球は7回で終わるべきだ 投手が無理筋すぎる でも変わらない・・・というパターンですね
2017/08/16 05:07:40
tsutsumi154
成功や失敗に至らないようにするのにこしたことはないが、残念ながら失敗はするものなので失敗からのリカバリを研究したほうがいい
2017/08/16 05:37:49
maicou
トップブコメな、私も決して折れない人だったが、やがてめんどくさくなって「戦わずに済む」ジャンルを探してやるようになり。そこに他人が参入したら自分は撤退してまた次のを探す。そんな人生だった気がす。
2017/08/16 06:24:24
supu6000
国土と人口が三倍あれば、市場も三倍でニッチなベンチャーも三倍生き残りやすい。日本が勝てない理由、結局は物量ですよ。
2017/08/16 07:11:08
keisuke_yamane
“それと、日本をもっと良くするには、まだ起きていないことに対して察知する能力である「レーダー機能」を強くしないといけない。考えたくないことを考えることです。日本はこれが弱い。”
2017/08/16 07:19:41
dazz_2001
個人的には日露戦争も無理筋。博打的な目論見がロシア国内の事情などもあり、上手く行っただけ。同じことを太平洋戦争でもしようとして、負けただけ。結局、日露戦争の時から、博打的な目論見で開戦する性質は同じ。
2017/08/16 08:11:24
unakowa
歴史は過去の自国と世界の情勢を含むもの。歴史は過去よりも世界全体の分析が大事なんてコメが星を集めてしまうのが哀しい。見たくないものから目を逸らそうとしてはいないか?失敗を受け止め教訓を活かすべきだ。
2017/08/16 08:33:40
rub73
歴史から学ぶとはこの記事のことだと思う。血は抗えないと認めざるを得ないから日本の歴史から習性を学んで活かす事を考えられた。おもしろかった。
2017/08/16 08:56:52
ms07h8
“急速にキャッチアップをやったり、経済成長を進めたり、一糸乱れず成長をするには非常に素晴らしい力を発揮する。一方で、1回踊りだしたら絶対に止まらない。これが官僚制の恐ろしさ”
2017/08/16 09:14:56
khiimao
“ シェア 1963 ツイート メール 0 コメント 0 if ( 'undefined' != typeof(HPAds.ad_sharebox_260x60_fix) ) { HPAds.ad_sharebox_260x60_fix(); } 太平洋戦争の終結から8月15日で72年を迎えた。しかしながら、私たち日本人はいまだに、あの戦争と向き合う
2017/08/16 10:15:21
bird_dip_jp
そう、「全体最適」を目指すと嫌われやすいんだな。
2017/08/16 11:30:46
waborin
良いインタビュー。
2017/08/16 11:40:03
shotazc
明治天皇snowで写真撮った?目がぱっちり。
2017/08/16 12:59:17
raimon49
>日本は海洋国家ですので「国際協調と貿易体制というものが日本の発展の根幹である」ということを見誤ってしまった。基本的な国作りの方針としては、やはりそこに問題があったと思います。 / 資源コンプレックス、か
2017/08/16 13:03:12
gunzyou
示唆に富む。
2017/08/16 13:11:11
toratorarabiluna273momomtan
「世界最大規模の人口を持つ国と戦争して泥沼になって、経済規模や工業力でもって世界最大規模のところと同時に戦争をやった。さらに元気になりつつあるロシアとの国境が危うくなってもまだ続けようとした。履いたら
2017/08/16 13:58:35
hokuto-hei
多分、日本というシステムが一番苦手なのがシステムを評価するシステムの構築なんだろう。
2017/08/16 14:03:34
s_atom11
敗戦というこれ以上ない大きな失敗からしっかり学べれば。その失敗から目を逸らす人が増えてるご時世だけに心配
2017/08/16 14:41:43
shirakans1192
読みやすい記事だった🤔
2017/08/16 16:28:39
bk246
“「左だ」「右だ」とレッテルを張るのを避け、「歴史に対して真摯に向き合わないといけない」”
2017/08/16 18:54:30
mmsuzuki
“空間を飛び越えて同種の事例がないかどうか、参考になる事例がないかを見渡すこと/「よそにもっといいものがないか」と考える空間跳躍力/これを吉田松陰は「飛耳長目」と言った/耳を飛ばす、長い目をもつ。”
2017/08/16 19:20:36
CGA
近代史から学ぶことが多いから、授業でも取れ入れてほしいね
2017/08/16 22:47:10
n_y_a_n_t_a
多くの人が同意するがそうは言っても解決策はないんだよな
2017/08/16 23:35:04
blueribbon
「日本人がやる官僚システムは効率よく動きますが、一回はじめたら、とめられない、そういう危険をもっていることをあらかじめ、自覚しておかなければ…僕はこれを「日本人の経路依存性」と呼んでいます。」
2017/08/17 13:08:53
nao_cw2
正にそのとうり。宗教観が低いので普遍的な価値観の統合が無いからね。→「日本は常に世界でナンバーワンの国と組みたがる傾向があります」
2017/08/17 14:29:04
ilya
2017年08月15日
2017/08/18 15:41:06
Humisawa
“「明治十四年の政変」などに見られたのは、「部分利益」「部分最適」を追求したことでした。これは怖い。(…)薩摩・長州の人たちが既得権益となり、自分たちの部分利益を達成しようとし始めます。”