2017/06/30 20:38:06
NLW
そういえばポーも黒人嫌い。
2017/06/30 21:07:02
HanaGe
“「ラヴクラフトは、極めて人種差別的な時代の極めて人種差別的な国にいた、狂気じみた人種差別主義者でした」” “「これは、ヒップホップに対するフェミニストの批評に見られるものと同じなのです」”
2017/06/30 21:36:53
karatte
"その事実は彼の残した大量の往復書簡にも明白に表れている。「ラヴクラフトは、極めて人種差別的な時代の極めて人種差別的な国にいた、狂気じみた人種差別主義者でした」"
2017/06/30 22:12:46
taron
日本では、むしろ無頓着に消費しているけど。アメリカの方が、そのあたりの葛藤は大きいのか。
2017/06/30 22:32:51
okadaic
記事タイトルで損してると思う、もっと大きな話。
2017/06/30 23:08:21
dowhile
シェイクスピアだってとんでもない反ユダヤ主義作家だったんだしそこは別個に考えてもよいと思うけどなあ
2017/06/30 23:46:08
shenlong
ディズニーは創業者の呪いを解いたよね。ちょっと反動的なくらいだけど
2017/06/30 23:48:12
alice-and-telos
アジアに妙な糞ロマン詰め込んで化物作ってたもんな。おかげで変に日本人作家と親和性あるのかな
2017/07/01 00:34:20
nakakzs
当時の世相がそうであり、差別とされる表現も普遍的存在していたというのもあるのだよな。日本文学でもよく見られる。そこは「こういう時代だった(が今は変わった)」という背景踏まえて読むべきかと。
2017/07/01 00:38:31
h5dhn9k
ニャル子さんは『呪い』を解いた事になるのだろうか?……
2017/07/01 00:41:22
modoroso
シェイクスピアが単純な反ユダヤ主義者だったらシャイロックをあんなキャラクターに描いてないと思うけどなあ・・・
2017/07/01 01:31:21
miz999
なぜ日本のアニメオタクは自分達のことを白人だと思ってるのか?という問題はここまでさかのぼるのか。あとヒトラー。
2017/07/01 01:47:02
morobitokozou
作品をどれだけ高く評価してももはや死者である作者の利益になることはないんだしいいじゃん
2017/07/01 02:34:23
workingmanisdead
そういえば指輪物語とかナルニアも非白人に厳しい気がする
2017/07/01 03:28:28
shoot_c_na
ラヴクラフトの心の闇…っつーか病みが生み出す狂気と偏見の世界は、そうとう宗教観に基づいてるものだから、日本人にゃ共有はできないよ
2017/07/01 03:51:39
Hige2323
ここまでめんどくさい事考えにゃいかんもんかね/「本作品中に、差別的な表現が含まれていますが~」って定型文添えときゃ何も問題はあるまいよ
2017/07/01 04:33:49
Rikerike
作品の出来と人間性は比例しない。寧ろ偏屈であった方が独創的とも。
2017/07/01 05:21:27
homarara
人種差別が当たり前ではない時代の人種差別主義者は風当たりが強くなって当然だが、人種差別が当たり前だった時代の人種差別主義者については割り引いて考える必要があろう。
2017/07/01 05:24:43
solidstatesociety
作家と作品は別物だよ。作家は気分で書くかもしれないがリリース後本はそんな気分が固定してるから呪いに見える。なので締め切り圧かけさせないのと、深夜書かさないのが良い。
2017/07/01 06:51:24
suzume002
人種差別と戦おうとする人も、ちょっと人権の皮をかぶせれば黒人の登場する童話を抹殺することに賛成してしまうこんな世の中で
2017/07/01 07:07:34
pptppc
Fateのサーヴァントにして善人にしちゃえばヘーキヘーキ(適当)
2017/07/01 07:30:14
t-tanaka
肉食が廃止された未来で,現代の人間が「野蛮な肉食主義者」として非難される,というSFがあったな。
2017/07/01 07:35:39
electrica666
確かにタイトルで損してる記事。時代と向き合うことには地域を問わず葛藤があるね。
2017/07/01 07:39:07
houjiT
「時代のせい」ってのはあるけど、ラヴクラフトの場合は「時代」の精神と作風が直結するからなぁ。インスマスの陰惨さは、差別の心情抜きに作り上げられるだろうか?
2017/07/01 07:44:41
mugi-yama
門外漢なせいかえらい読みにくい翻訳だなー。重隅だけど「People of Color in Fantasy & Horror」は「ファンタジーとホラーにおける非白人」でないの。あと「シー・ウォークス・~」ってカタカナは意味あるのか
2017/07/01 07:51:31
Josui_Do
ラヴクラフトは異人種が嫌いだったそうだが、ナチスのユダヤ人差別には反対したり、アングロサクソン文明より中華文明のほうが優れてるとか矛盾の多い人物だから判断に困るよね
2017/07/01 08:04:54
takayoz
マークトゥエインだってな。
2017/07/01 08:07:28
cocoyutaka
ちゃうねん。人種の違いに対する嫌悪を拭いがたく意識しながらその嫌悪の対象に頭をつっこんで何度も作中で死に続ける姿にラブクラフトを知る人は、すげえと思うんだ。日記風に自己分析しながら。窓が。
2017/07/01 08:16:32
moons
カジュアルに受容してるラヴクラフトだから分かりづらいけど、「猿の惑星の猿は日本人を戯画化した姿という話の飲み込み辛さと、それを超えて物語として受容し、二次創作をする時の態度について」という話かな。
2017/07/01 08:21:31
aquatofana
人種差別と戦う作家といえばルグインなんだけど、微塵も触れられないのね。彼女の場合、偉大な人類学者だった父君の影響が大きいけど。その知識を元に、ファンタジーを白人至上主義から解放しようとしたのがゲド戦記
2017/07/01 08:39:04
Cunliffe
すごいな。
2017/07/01 09:03:12
filinion
ラヴクラフトが差別主義者だったからクトゥルフ神話がだめだ、というのは、アリストテレスが奴隷制支持者だったから哲学はだめだ、というようなものだと思う。/「貧民街のアーサー」…そりゃまあ、批判もありそう。
2017/07/01 09:03:17
dongdeng
別にそれを理由にラブクラフト嫌うのは勝手なんだけど、「深き者は黒人の揶揄である」みたいな陰謀論が出ないことを祈る
2017/07/01 09:05:10
haruhiwai18
"しかし、ラヴクラフトは相当な人種差別主義者でもあり、その事実は彼の残した大量の往復書簡にも明白に表れている。" →ラヴクラフトの差別の一例(ブラック寄りのグレーの例):http://d.hatena.ne.jp/Nephren-Ka/20100615/p1
2017/07/01 09:12:59
taka37564
時代の限界ってやつだね。彼も現代に生まれていれば差別者じゃなかったかも。それでも現代の人々に一定の暗い影を落とす。だから我々は未来人のためにも、いま生きている差別者たちを糾弾し、反省を促してあげよう。
2017/07/01 09:13:02
lambrefun
文明・非文明の線引きが白人社会的価値観によってなされているから差別・非差別なんて発想になるのでは。宇宙人とかやってきたらどうするんだろう。
2017/07/01 09:15:53
IkaMaru
ただ、ラブクラフトが描く異形「でない」人類とは、真の創造主を知らず偽の神を崇め、宇宙の真理について無知であるが故に平穏に暮らしているような下等種族なんだよねえ
2017/07/01 09:20:10
sasanach
夏目漱石の部落差別表現もかなりエグい。岩崎太郎次に対する「何(ど)うも穢多か猶太人でもなけりや、こんな鄙嗇(けち)なことは云はなかろう」など。
2017/07/01 09:20:40
c_shiika
緋文字の世界の人ではある。ラヴクラフトのフィルターを通してみると日本的なものが大抵クトゥルー的な悍ましくも名状しがたい存在になってしまうので、日本のフォロワーはそれを逆手に取って遊んでる気もする
2017/07/01 09:29:32
mahal
なお日本人とかいう非白人が葛藤した結果は
2017/07/01 09:31:23
hobbling
ラブクラフトは人種差別的かもしれんが、作品の世界観自体は多神教・多文化的なものでキリスト教的な白人の世界観をおもいっきり相対化してるよな。
2017/07/01 09:34:34
ku__ra__ge
『わたしのアーサー王になんてことを!』 言えない……、日本ではアーサー王が魔術師に使役される女の子という扱いにされてしまっているだなんて。
2017/07/01 09:36:27
qtamaki
一方日本では美少女化していた
2017/07/01 09:45:18
skasuga
なんか纏まりのない読みにくい文章だけど、論点は重要。日本人は「お前らイカやカエルの同類」って言われても、あんまり侮辱されているという実感湧かないからねぇ…。
2017/07/01 09:54:47
ss-vt
たとえばリベラリストとして知られる人物でもその時代の男女観から自由ではいられなかった……みたいな話もある
2017/07/01 09:57:41
inferio
創作物に罪はねーよ
2017/07/01 10:25:57
tettu0402
作家の人間性と作品の良さは関係ないって思いがちだけど、もしや当事者たちからするとそんな簡単な話ではないのかもしれない。
2017/07/01 10:26:48
hiruhikoando
新美南吉の『ごんごろ鐘』にはあまりにも素朴な戦争礼讃が書いていて自分の常識が"ちょっと待て"と"これはこれでいいんだ"とでぐらぐら揺れてしまってた。古典を読むとき時代背景をある程度考えないと読み通せない。
2017/07/01 10:27:01
otihateten3510
“それは愛ゆえの批判であり、自己を表現しつつ作品のなかに自分自身を見出すという深い欲求から生まれるものなのです” そういうの好き、創作家は作品で語る
2017/07/01 10:51:42
nezumihara
キプリングは帝国主義者と呼ばれることもあるようだけど、『少年キム』は面白い。
2017/07/01 11:07:17
DocSeri
ラヴクラフトの「恐怖」が異人種に対する差別意識だというのは以前から指摘のあるところだが、時代的なものでもあり/さておき「宇宙的恐怖」は別に人種差別と無関係に描けるので
2017/07/01 11:33:18
gkom
社会
2017/07/01 11:44:18
saiusaruzzz
ラブクラフトの作品は、その前提から出発してそれを自分が理解できないものへの畏怖と恐怖として物語に昇華したのがすごいんだと思うけど。時代もあるだろ、とは思うものの受け入れられない人はそれでいいと思う。
2017/07/01 12:37:54
sunechamacell
ポリコレキチガイは本当に面倒くせえな以外の感想が出てこない
2017/07/01 13:13:45
t_massann
クトゥルフ神話もそういう有色人種や未開社会への差別心から生まれた可能性を考えてしまうな・・・
2017/07/01 13:51:04
ysync
差別心が無ければ、書かれなかったかも知れない内容だけど、作品中ではちゃんと置き換えてるわけで、研究者でもなければわざわざ内面に突っ込む必要もなかろ。
2017/07/01 15:00:02
sekiryo
現状と乖離した理想を突きつけ過去の常識で行動した人間のポリコレ狩りに勤しみ憎しみをばらまくのをやめてはどうかと提案するも血に飢えたように叩きを繰り返していたのだが、ラヴクラフト相手だと正気に戻るのか。
2017/07/01 16:08:22
rohiki1
ラブクラフトが差別主義者であった事が汚点というよりも、あの恐怖の感覚は差別主義者の深い所に根ざしてる何かだから呪い。もし君が白人に生まれていれば感じただろう…という普遍性のある何かと認められるかどうか
2017/07/01 16:50:43
cinefuk
北米SFコミュニティの保守・差別的傾向は、アジア人の僕等としては残念に思う。「バンクーバー近郊リッチモンドで開かれたSF大会。この町に住む人はアジア系が多いが、会場に足を踏み入れると圧倒的に白人ばかり」
2017/07/01 17:18:12
harumomo2006
キリスト教の世界観で読むと一番恐怖を感じるように作られているらしいので、日本人が読んでも絶対的な力を持つはずの神を超える存在が複数いるという恐怖はなかなか理解できない
2017/07/01 17:52:36
egory_cat
C:。ミ
2017/07/01 20:30:33
asterpleo
作者と作品は別と割り切れたらいいですが、作品をひとつ買うことで思想の相容れない作者を肥え太らせると思うと躊躇う人は多いかもしれない。
2017/07/01 21:53:25
sippo_des
読み返したくなってきた
2017/07/01 22:26:01
udongerge
例えば内容が白人至上主義丸出しの映画だが演出テクニックの勉強に欠かす事の出来ない作品、という物もこの世にはあるので差別主義という毒カビの生えた部分だけ切除して栄養にしていく他ないのかもしれない。
2017/07/01 23:06:58
chess-news
“ラヴクラフト”
2017/07/01 23:24:21
Matoc
良くも悪くもこういうことに鈍感で居れるのは日本らしいと思う。自分もイチイチ気にしない
2017/07/01 23:29:54
seppatsumariko
日本の江戸後期の作家曲亭(滝沢)馬琴に関しても、「南総里見八犬伝 」以外のマイナー作品は相当これそっくりな「呪い」に満ちていますが、「ハ犬伝」だけを見ていないでそろそろこの「呪い」に向き合う時でしょう。
2017/07/01 23:33:03
KasugaRei
北米のアジア系人口の多い都市で開かれたSFコンヴェンションの参加者が白人ばかりという体験談だが、管見では「アニメ」系イヴェントでは普通に非白人を多く見る気が。オタク内にも分断がある?
2017/07/01 23:55:18
u4k
ディズニー本人はガッチガチの人種差別主義者だったけど今のディズニー作品は反動的なくらいジェンダーと民族に気を使うポリコレ至上主義に転換したし、なんとかなるんちゃうかしら。
2017/07/02 03:41:48
bookkeeper2012
ラヴクラフトの人種差別はなんだか生理的な嫌悪感が強い感じで、そういう感覚は彼の作品と切って離せない。ただ、それはそれでそういうものだと相対化して読むのは全然可能
2017/07/02 06:07:18
danboard_twins
『わたしのアーサー王になんてことを!』うぅっ…頭が…
2017/07/02 09:45:29
cloq
ほー。
2017/07/02 17:44:52
x142857
日本の女性差別なアニメ漫画ゲームAVコンテンツも後世では今以上に多大な非難をあびるでしょうね
2017/07/03 01:23:47
Yagokoro
作者と作品を切り離せないのは単に幼稚なだけでしょ。
2017/07/03 09:56:26
Domino-R
偉大な思想家や芸術家、宗教家であっても時代的な制約を逃れることはできない。それは未来においてもそうだろうが、ただ差別的である事と、意識的に差別主義的である事は明確に違う。後者は時代を言い訳に出来ない。
2017/07/03 11:00:52
timetrain
アメリカ白人にとっての恐怖を形にしたのがあれらの作品だから意義があるのであって、現代ポリコレ勢みたいな古代人がいてたまるかと。現代人による過去への冒涜だ
2017/07/03 12:02:33
toaruR
404だと?!
2017/07/03 13:26:14
Cujo
404/https://archive.is/http://wired.jp/2017/06/30/writers-of-color-lovecraft/
2017/07/03 19:13:36
t_f_m
404 https://archive.is/OULX8
2017/07/03 19:29:18
hate_flag
「ピルトダウン人のような」という比喩があってああこの時代はまだそれが捏造だということは一般的な知見になってなかったんだなあとは思った
2017/07/03 19:59:46
kyogoku174
オカルト系の話の基本に選民思想って結構あるからなぁ。
2017/07/04 00:20:00
Galaxy42
タコとイカが先に呪っていると思う。
2017/07/04 10:08:37
shironeko_t
偏見むき出しだからねえ。ラブクラフト作品においては、その要素そのものにまで入り込んでいるので厄介かもしれない。(神話作品全体でもトゥチョ=トゥチョとか)
2017/07/04 17:33:08
matchy2
消えてるのは何者かの意志によるものか
2017/07/05 15:14:05
yppp
「作品に差別があって何が悪い!」って言う人って「それを差別と言うな」って言ってるのと同じだよな。作品を分析して何が悪い