2019/05/11 09:37
daydollarbotch
「おまえ もしかして まだ 自分が 死なないとでも 思ってるんじゃないかね?」
2019/05/11 11:35
hungchang
これはある。主人公が勝つに決まっている勝負だと、ここからどうやって逆転するんだろうという俯瞰になるし、そうするとアラ探しが始まってしまう。
2019/05/11 11:53
behuckleberry02
ダイの大冒険で大魔王に負けた時は盛り上がったなあ。「知らなかったのか…? 大魔王からは逃げられない…!!!」
2019/05/11 12:09
slinky_dog_s11
「どうやって勝つのか」という過程にヒヤヒヤする楽しみもあると思うんですよ。それこそEカードとか。
2019/05/11 12:21
yas-mal
「負けると世界が滅びる」とかだと「負けられない=展開がわかってる」って話か。…つまり、ジャンプ名物「いきなりトーナメント」にも一定の理が…(あるか?)
2019/05/11 12:23
Fushihara
もしかして、お互いに負けてもいいよと言われてる戦いは逆に目が離せなくなるんじゃないか?!
2019/05/11 12:27
ko2inte8cu
「笑いの大学」や「ハゲタカ」みたいな、結果の見えている勝負がその通りなんだが捻じ曲がる展開もいいよね。
2019/05/11 12:27
srgy
残り(時間|話数|ページ数)がわかってる作品の場合、「あと○○分しかないけど、主人公が勝つにしてもここからどうやってまとめるんだ…?」と別の意味でハラハラすることがある(最近だとコードギアス)
2019/05/11 12:30
HanPanna
主人公が人気面で苦戦する傾向、少なくとも最終回まで死なないって分かってるから共感が薄まるって理由あると思います。
2019/05/11 12:32
mobile_neko
真田丸を見ていたときは負けないとダメなのに、勝っちゃいそうで逆にハラハラしていた
2019/05/11 12:34
yarumato
“ガルパンとか、TV版は決勝戦も含めて「ここで負けるのもアリだな」って展開だったから緊張感と満足感が凄かった”
2019/05/11 12:39
anguilla
たしかに。
2019/05/11 12:48
ton-boo
ワートリのランク戦
2019/05/11 12:50
Lagenaria
スポーツ物でも、ライバル同士の3位決定戦なんかは盛り上がる印象
2019/05/11 12:57
gabill
岩明均原作の『レイリ』が面白かった。主人公は武田信玄の孫の影武者を務めてる女剣士。武田信玄の孫が殺されるのは史実で決まってる。信玄の孫と主人公の関係が深くなるほど、どちらが殺されるのか気になってくる。
2019/05/11 12:57
memouse35
この感覚は結構わかる。だからこそ絶対に負けないと分かってる主人公を引き立てるのにバックグラウンドと魅せ方が要求されるわけだけど、そこが欠けてくると勝負が予想できない脇役の戦いの方が魅力的になってしまう
2019/05/11 12:59
khwarizmi
半分同意なんだけど,面白さをハラハラに依拠しているこの人はどんな気持ちで2回目を読むんだろ。
2019/05/11 13:01
Agrius_Akita
一理ある
2019/05/11 13:02
investor_n
ちるらんって漫画は歴史に基づいてるからある程度結末も予想できるけど、めっちゃ面白い。/それよりこのひと、海南対陵南想像して書いてるでしょ。
2019/05/11 13:06
retore
でも逆張り作者が負けられない戦いで負けさせたらお前ら死ぬほど叩くじゃん
2019/05/11 13:07
sangping
AV女優の全裸より素人のパンチラ、みたいな話?(違う
2019/05/11 13:07
teteku03analytics
ビターエンドが好きな理由かも
2019/05/11 13:07
june29
HUNTERxHUNTER は主人公よりはるかに格上の人々がばんばん登場するので「どうやって生き延びるのか」「乗り切るのか」という観点で楽しめている気がする。
2019/05/11 13:10
otihateten3510
メタ的にね。ストーリー的に死んでもおかしくない状態で、フラグも立ってて、キャラも諦めてる状態は絶望感ある。だからそういうのが覆るとテンション上がる。シュタゲとかね。
2019/05/11 13:14
z1h4784
「魔法少女育成計画」の一作目と二作目は誰が生き残るか全く分からなくて面白いのだが、三作目からは主人公格(前二作での生き残り)は死なないんだなと分かってしまい、途端につまらなくなった
2019/05/11 13:17
nakex1
主人公がパターンどおりに勝つのを見て爽快感を味わいたいって需要も大きいのだろう。映像作品には顕著で子供向けの日アサ作品から年配向けの時代劇まで。マンガや小説もそうなのでは。
2019/05/11 13:17
megane1972
そのフレーズはスポーツ(主にサッカー)で使われすぎて慣れてしまった。負けられない戦いとやらに何回も負けてるけど、みなさん元気に続けているじゃないですか。
2019/05/11 13:18
deztecjp
個人的には気にならないが、理解できる話。『パルプ・フィクション』のように主人公っぽい人がパッと消えてしまう話、私は好きなんだけど、なかなか増えないね。1~2割くらいがそういう物語だったらなぁ……。
2019/05/11 13:29
norinorisan42
キン肉マンも他キャラのマッチメイクは「どちらが勝つか」で語られて、スグル戦は「どう勝つか」のストーリー性の部分に注目してる気がする
2019/05/11 13:32
otation
分かる。史上最強の敵とかどうせ最後には主人公が勝つから燃えない。ここは俺が食い止めるから先に行けパターンの方が予想できなくて好き
2019/05/11 13:34
tomoP
「オールユーニードイズキル」評で宇多丸さんがほぼ同じこと言ってた。主人公に『死んでも生き返られる』能力があるうちはいつ死ぬかハラハラするけど、その能力が無くなっちゃうと「どうせ死なないんでしょ?」と
2019/05/11 13:35
fried-tofu
納得した。個人的には負ける心配の必要がない異世界無双も好きだけれど、いつ主人公が死んでもおかしくない緊張感のある作品も良い。
2019/05/11 13:36
threethree
「ぼくらの」は逆にみんな死ぬけど絶対に負けないのがわかるからすごい。
2019/05/11 13:37
maidcure
龍騎「わかる」
2019/05/11 13:38
wanabineko
“『これ負けた場合でもストーリー的にアリだよな』と思うと、負ける可能性が現実味を帯びてくるから手に汗を握る。/負けたら死ぬ戦いなら絶対負けないだろ。”
2019/05/11 13:39
kumokaji
そういう意味ではワールドトリガーは「トリオン体」っていう設定のおかげで常に負けられる戦いだから面白さが続いてるっていうのはある
2019/05/11 13:41
myogab
これも一種の「フラグ」の効果かね。話を盛り上げる為の演出や伏線がテンプレート化し過ぎるとその効果や意味が変わってしまうソレ。作者が古老を相手にしているのでなけりゃ、ベタな演出で新参を釣る方が正しいけど
2019/05/11 13:53
ruka98
そういう意味では銀英伝は色々ショックな場面多かったなあ/食戟のソーマは主人公負けまくりよな。それで叩かれてるの見たことあるような
2019/05/11 13:54
maguro1111
デスノートみたいなピカレスク系はその点どういう落とし所になるか分からなくて楽しい。ダブルヒロインものも。
2019/05/11 13:55
sunagi
その点喧嘩稼業は予測つかなくていいよね
2019/05/11 13:55
inferio
打開策として『勝ち方によって救われない人が出る可能性が高い(まどマギ等)』とか『勝っても主人公は報われないパターンを積み重ねてる(ルパン等)』とかある。
2019/05/11 13:56
yasudeyasu
はじめの一歩のベストバウトは、引退をかけた木村 vs 間柴了の日本タイトルマッチ。『届いたっ…!!』
2019/05/11 13:57
lastline
そこ行くと、ドラゴンボールは主人公が死ぬからな
2019/05/11 13:58
moocc
主人公の生死とは別のところで勝利/敗北条件を設定すればいいんだね
2019/05/11 13:58
lady_joker
先が読めるからハラハラしないというのが昔からよくわからない。展開のツイストがなくても、結末がわかっても登場人物の感情に乗っかってハラハラドキドキすることはできるでしょ
2019/05/11 14:00
moons
「エンドゲーム」はこれで終わるの分かってるので勝ち負け以外のところに盛り上げポイントを置いてたな。「ちはやふる」とか「響け!ユーフォニアム」とか部活ものは「負けてもドラマになる」のが強い
2019/05/11 14:06
klaps
サッカー中継の何が嫌いって、この「負けられない戦い」ってやつ。選手か思うのは良いけど観てる側が思い出すと気持ち悪い。
2019/05/11 14:09
tadasukeneko
プロ野球の解説者が,試合前必ず「この試合は落とせない」と言うのが気になる
2019/05/11 14:12
FutureIsWhatWeAre
修羅の門・刻は「陸奥圓明流は負けない」という前提があっても面白かった。なのになんで第弐門はあんなになってしまったんや...しかもその後の昭和編はちゃんと面白いし...
2019/05/11 14:28
Barton
この間のフェニックスvsオメガマンはなんとなくフェニックスが負けるだろうな、とは思いつつも、知性の神が憑依して勝っちゃうんじゃないの、と思ってみてた。
2019/05/11 14:28
d64199134
ドラマチックに人が死ぬストーリーって売れるじゃないですか
2019/05/11 14:28
pptppc2
鬼滅の刃とか読んでると、炭治郎や伊之助、善逸あたりはまあ死なんだろうとは思うけど、柱あたりはバンバン死ぬので味方が死ぬ死なないの緊張感はかなり感じるけどな。
2019/05/11 14:36
chrl-ohya
わかる。一時期の一歩より脇役の試合の方がおもしろかったのはまさにこれ。
2019/05/11 14:37
Alceste
(勝利の結果さえ手に入ればよいというボスに対し、過程こそ大切だと気づくアバッキオの回想シーンも読みとれないのか?)
2019/05/11 14:43
peta0227
一歩の戦いよりもヴォルグや千堂、木村戦のほうが面白いみたいなやつ。わからんでもない。(なお板垣は除く
2019/05/11 14:53
sjn
打ち切りでいきなりしぬ可能性ある
2019/05/11 14:53
hiruhikoando
間柴vs木村こそがベストバウト。/テレ朝のサッカー中継も悪いんじゃないの?「負けられない戦い」というと必ずあれが思い出される。
2019/05/11 14:57
udongerge
ネタバレがダメな人の見方だな。
2019/05/11 14:57
strow0343
展開が読めると冷めるのは物心がつく前からそうだったので分かる(どうせ怪人負けるだろ的な)。
2019/05/11 15:07
IkaMaru
かと言ってバキみたいに馴染みのある強豪がぽっと出に簡単に負けたり悪ければ殺されたりするのもどうかと
2019/05/11 15:08
saiusaruzzz
そう考えると、ここで負けると詰むから負けるはずないけれど、ほんとに勝てるのか?とドキドキするゲースロはやっぱりすごいな。まあたまにほんとに負けたりするからなんだけど。
2019/05/11 15:12
tecepe
ルフィすぐ捕まるし麦わら一味もまたかって誰も心配誰もしてないから最近仲間になったメンツのがすげー心配してるのがなんか面白かった。
2019/05/11 15:17
cider_kondo
既出のワートリは「トリオン体破損≠死」以外に、「迅のサイドエフェクト」の形で先の展開を部分開示することで読者のメタ予想を誘導しているのも強く、つまり「…オサム お別れだ ユーマを頼む」は作中屈指の名場面
2019/05/11 15:30
wow64
主役や強キャラは優遇されてるからな。だからこそか、常勝の憂いみたいのを描く作品には惹かれるものがある。
2019/05/11 15:42
princo_matsuri
負けられない場面で失敗して本当に負けたオルフェンズェ/靖子にゃん作品が好きなのは勝っても損失が大きいってのがあるかもしれない
2019/05/11 15:43
greenbuddha138
負けられないとか勝たなきゃいけない状況になってる時点でジリープア
2019/05/11 15:49
roirrawedoc
なるほど〜
2019/05/11 15:55
uturi
刃牙が特にそうだと思う。主人公がオールラウンダーかつ負けないから特定要素に特化したサブキャラ同士の戦いの方が盛り上がる。
2019/05/11 16:00
mirai_ryodan
戦闘ヒロインはピンチになると都合よく助けに駆けつける恋仲のイケメンヒーローがいるからたまに負けて媚を売る。
2019/05/11 16:00
Yagokoro
先が読めた所で、面白いものは面白いだろ。なんなら二度三度読むし。
2019/05/11 16:04
e_denker
この感覚は分かる。と同時に、「勝つか負けるか」ではなく「どう戦うか」に重きが置かれた作品は結末が分かっていても(あるいは、分かっているからこそ)面白い。古畑任三郎みたいな倒叙ミステリがいい例。
2019/05/11 16:16
kingate
負ける戦いをって言いながら、結局無敵皇軍やんってif戦記の洗礼を受けていない転生異世界戦争なろうの幾つかは批評されるべきであろうか。
2019/05/11 16:18
beauty_lake
ハンターハンターに関しては冨樫が描くのを完全に辞めるのではないかというドキドキ感がある。このキャラが勝つか云々の前に読者が負ける可能性が普通にある。
2019/05/11 16:20
waot209
ドラゴンボールのフリーザ戦は、悟空がスーパーサイヤ人になって勝つフラグを誰でも分かるくらいあからさまに立ててるのに熱いからすごい。
2019/05/11 16:25
nakag0711
当初主人公級と思われた人物が無残に敗退する展開を序盤に入れることで、物語の緊張感が増す
2019/05/11 16:27
senbuu
なるほどなあ。一理ある。
2019/05/11 16:27
dynamicsoar
同じこと思ってた。メタ知識で世界設定が推測できてしまう問題。ブコメの「残りページ数問題」は電子媒体なら技術で解決できるがストーリはまた別よね。「群像劇等にしておいて主人公絞らないor交代」は一つの解か。
2019/05/11 16:28
natu3kan
読者って期待感で読んでる。ハッピーエンド期待でラブコメ買ったり。先が読めないのがいいって主要人物すら死ぬ話を買ったり。やがてゾンビ映画だとカップルのリア充が最初の方に死ぬ的なお約束になって行く
2019/05/11 16:29
kuzumaji
なるほどーそう考えるとワンピが広く人気を集めたのは、ルフィが完全敗北したからなのかなぁとふと思った
2019/05/11 16:40
vndn
勇気が武器だぜ!前線に出るぜ!仲間との友情パワーで勝つ!みたいなのはどうにも既視感を覚えてしまってなあ。それが悪いわけでは全然なくて、自分がターゲットでない作品を私が勝手に読んでるだけなんだが。
2019/05/11 16:43
plagmaticjam
ゲームオブスローンズだと負けられない戦いに負けまくるので増田におすすめ
2019/05/11 16:48
ustam
えーでもキングダムは信と王賁、蒙恬、王翦、蒙武はどうせ死ななくて、桓騎は李牧に負けて死に、その李牧は趙王に殺されて、昌平君は裏切って楚王になった上で王翦&蒙武に殺されるとわかっていても面白いよ。
2019/05/11 16:48
srng
デスゲームの類に常に付きまとう問題点。負けると致命的な結果が待っている場合、主人公はまず負けない。負けてもどうにかなる
2019/05/11 16:54
watto
古い話をするぞ~っ!『カムイ伝』のカムイは1巻で死んだ。
2019/05/11 16:58
Silica
吉良吉影vs猫草もリゾットvsドッピオも大好きなんだけど、結果が分からなかったから、ではない気がする
2019/05/11 17:01
MCBYND
分かる。はじめの一歩も、木村とか青木の試合が良かったし、沢村真柴の試合は楽しみだった
2019/05/11 17:11
seikenn
わかる。
2019/05/11 17:16
mouseion
日本って右左のマスコミひっくるめて美談にするの大好きだろ。戦争で負けるのを美談にしたり逆に勝った戦いを映画にしたがるじゃん。戦争の勝ち負けにこだわるのは今でいうスポーツの勝ち負けにこだわるのと同じ。
2019/05/11 17:18
aienstein
まあ、だからバトルマンガでの主人公の章におけるラストバトルは、バトル自体の帰趨は始めから決まっているので、敵の人間ドラマになっていたりする。
2019/05/11 17:22
alice-and-telos
メイドインアビスの例のシーンは1分ぐらい「ははは主人公死ぬ訳ないやろ……え、死なんよな…嘘やろ…ちょっと待って」ってなったので、作り込む側の力量も大事なのかな
2019/05/11 17:30
hilda_i
確かにYOIは手に汗握って観てたわ。ピチットくんがGFで上位に食い込むことはないだろうなと思いながらもおあー!とか叫んじゃったわつい。
2019/05/11 17:56
demcoe
この考え方だと最近ジャンプ漫画で多い「練習試合」の方が面白いのか……? いやでも練習試合の緊張感の無さは面白くないんだよなぁ
2019/05/11 18:07
readmemo
わかる。ジョジョが面白いのは大抵のキャラが死ぬ可能性あるからなんだよねー
2019/05/11 18:08
sukekyo
“スポーツなら、負けても死なないし、負けてもドラマとして成立するから、読者は『どうせ勝つやろ』と見る事ができず、自然と主人公を応援できる”→スポーツ漫画で主人公が負けた割合って誰か調査したらおもしろそ
2019/05/11 18:16
homarara
イングロリアス・バスターズは凄かったな。視聴者から見れば絶対に勝つはずがない戦いである事を逆手に取って、見事に度肝を抜くことに成功している。少なくとも俺は「えええええ!」って感じだった。
2019/05/11 18:19
goriragao
どうせみんないなくなる
2019/05/11 18:24
bml
負けても修行パターンだよな。キン肉マンもカメハメに負けて修行。
2019/05/11 18:29
dmekaricomposite
その点ガラスの仮面はマヤが勝つのか亜弓さんが勝つのか連載開始から43年たってもいまだに分からないので(いろんな意味で)ハラハラする。早く安心させてほしい。
2019/05/11 18:39
ll0oo0ll
ドキュメント番組とかで本人が出演して当時を思い出して語る形式だと、命にかかわる危機的状況でも「どうせ死なないんだろ」と思ってしまう/ガルパン劇場版は毎回、「今回は勝てないかも」と思って見てます
2019/05/11 18:46
kakonisayonara
全国大会とかの試合だと勝つじゃん
2019/05/11 19:06
ifttt
スポーツものは「優勝しちゃうの?え?マジでしちゃうの?いやしてほしいけど、マジで?」みたいなやつが結構あって楽しいよね
2019/05/11 19:15
htnma108
ジョジョで思ったのは回復役を用意しておくとえげつない死闘を描きやすくなるなということ。ガンツもそうだな。弾くらい放題腕足落とし放題。そうじゃない作品の戦いは致命傷描きづらい。
2019/05/11 19:18
Kaisai_Adashino
コーエーの無双シリーズ、呂布は最強だけど負けるんだよね…とか、結局家康が天下取るんでしょ?と思いながらやるけど、作品によっては呂布が死ななかったり秀吉や謙信、信玄とかが天下取ったりするから楽しいですよ
2019/05/11 19:22
aku_su1
消化試合的な
2019/05/11 19:29
h5dhn9k
それ言い出したら勝敗が多層的な作品の方が良いだろ。その局面では負けてるけど敵の強キャラを引き付けられてるから作戦勝ちとか。能力モノが流行るのもそのせいだと思うぞ。キャラの役割で[戦い]を多層化できる
2019/05/11 19:31
anus3710223
テニスの王子様が盛り上がるのはそーゆーことか
2019/05/11 19:32
will_in_hiki
咲、得点引き継ぎ5番勝負4校2抜け。2着争いや1着が後続をどれだけボコるかも自由度があっていい。作中最初の天和、お前かよ!?いや、らしいといえばらしいけど
2019/05/11 19:40
tabidachi_nam
結末は分かるけど過程を楽しみたいとか、脇役の活躍を見たいとかはある。どうせ主人公死なないんでしょ、という目で見始めたら途端につまらなくなるから脇役に目を向けたりする。
2019/05/11 19:44
regularexception
ドラゴボは終盤割と雑にキャラ殺すよね
2019/05/11 19:44
shibaone
「ジョジョの奇妙な冒険」は「主人公サイドが本当に負けて死んでしまうかもしれない漫画」として第1部で自分の信用を得てずっとドキドキさせられた。
2019/05/11 19:49
kurotsuraherasagi
分かるなあ。負けてもいい安心感でいい感じに緊張しすぎず肩の力を抜いて読めるってのもあるかも。とはいえピリピリした決戦もそれはそれで好き
2019/05/11 19:59
onehiro
仲間すら殺さない漫画ばっかりだもんね。水戸黄門的なのを求める場合ももちろんあるけども。
2019/05/11 20:00
kkobayashi
脇役の戦いの方がハラハラ感はあるね
2019/05/11 20:06
ledsun
そこで絶対に勝てなさそうなシチュエーションを作って「どうひっくり返すのか」を、物語のカタルシスにする。例えば、界王拳を使って勝てない状況で、元気玉でルールを(個人戦から団体戦に)変えて勝つ
2019/05/11 20:26
send
ヤン・ウェンリーは死んでしまった
2019/05/11 20:39
ENUmori0183
帯ギュ!は柔道団体戦だから、個人個人はちょいちょい負けるけどチームとしては勝ち上がっていくのが好きだった。
2019/05/11 20:42
mventura
とはいえ、絶対死なないだろう、と思った?残念でしたーって死ぬのも好きじゃない。
2019/05/11 20:43
kz78
「はい勝ち~~~~(負けられない戦いのため)」
2019/05/11 20:45
FTTH
「ジョジョで思ったのは回復役を用意しておくとえげつない死闘を描きやすくなる」 これ、ニンジャスレイヤーが耐久と回復に極振りしてるのと同根のやつ。ワンマンアーミー野郎はだいたいこれ。
2019/05/11 21:05
dameutsu
カラダ探しのシステムは秀逸
2019/05/11 21:11
mmmmmasao
ここまでチェーホフの銃なし ja.wikipedia.org
2019/05/11 21:20
babelap
なるほど?
2019/05/11 21:23
iyochoo
そういう方にはケンガンアシュラおすすめ
2019/05/11 21:29
d346prt
いや元々はサッカーワールドカップのコピーだった言葉じゃなかったか?フィクションに当てはめたら違和感あるのは当たり前じゃね?その上で、負ける可能性ある展開の方が面白いってのは、まあ当然だとは思う。
2019/05/11 21:49
new3
負けてメインキャラが死にまくるファフナーってアニメも好きです。
2019/05/11 21:52
mofufusa
探偵役登場って言っておいて犯人だったり途中で殺されたりするの好きだな。
2019/05/11 21:53
raitu
“負けられない戦いだと、言っちゃなんだが創作物なんだから、どんだけ苦戦しても『どうせ勝つやろ』って気分で読んでしまう”
2019/05/11 21:55
maturi
NHK大河ドラマで え? 武将〇〇死ぬの?ネタバレやめて! て
2019/05/11 21:56
brusky
負ける姿もかっこよい灼熱カバディはいかがか。
2019/05/11 22:34
triggerhappysundaymorning
そもそも負けていい戦いなら回避したほうが良くない?
2019/05/11 22:48
doraman
だいたい納得。戦国時代物は必ずしも負け=死では無い、でも勝っても負けても味方が死ぬ場合もある、というバランスにハラハラさせられるのかも
2019/05/11 22:48
sekreto
その点、デスノートは素晴らしかった
2019/05/11 23:05
mujisoshina
王大人「死亡確認」
2019/05/11 23:06
buhoho
腹に落ちた。自分の好きな作品はサブキャラの戦闘へのかかわらせ方がうまい(そして死ぬし)、納得
2019/05/11 23:25
reitanigawa
はじめの一歩な。主人公も負けたけど。
2019/05/11 23:39
bbbtttbbb
デビルマン
2019/05/11 23:44
djk0133
プロレスにも通じるかも。「負けられない戦い」なんてないけど、どう追い詰めるのか、どうやって勝ちに行くのか気になる試合はある。
2019/05/11 23:51
worthlesswaste
超人ロックは主人公絶対死なないし負けないけど、後味悪いバッドエンディングになったりもするので面白い。
2019/05/12 00:00
b4takashi
まあガルパン劇場版は確かに主人公勢勝つと思ったけど、それでもハラハラしたわ
2019/05/12 00:06
shinichikudoh
そういうの考えすぎたから富野アニメの主要キャラは相打ちで全滅することになった。更に遡ればシェイクスピアの四大悲劇もそうだ。ただしロミオとジュリエットは両家の和解という救いがあるので悲劇には含まれない。
2019/05/12 00:07
summoned
命が安い世界観とか群像劇にシフトできそうな内容だと「これ主人公が途中で死ぬの普通にありえるな……」ってなるからハラハラするぞ
2019/05/12 00:07
grizzly1
確かにヒカ碁の最終決戦では個人でもチームでも敗れたね。ヒカ碁で一番緊張感があるのはプロ試験だと思うけど、ここは当確のヒカルよりも伊角や和谷にも焦点を当てていたのが良かったんだろうな。
2019/05/12 00:20
kusigahama
そう、だからメタデータの方がネタバレ度合いは高いんだよな。
2019/05/12 00:36
sekiyado
木村対間柴戦のことか
2019/05/12 00:38
sy414
こういうこと言う人多いけど、ほんと"展開”以外で創作物を楽しむ術をみつけたらいいのに
2019/05/12 00:50
sm4100
陽動作戦のような「単純な勝敗に本質が置かれていない」ものはやけに心理描写が深くなったり、読み合い騙し合いが重なって面白くなるのかもね、とは思う。ヒリつく感覚ね。
2019/05/12 00:52
technocutzero
ガルパンはブラウダの包囲に折れたセリフ「負けてもまた来年頑張れば」に対して会長が真実を明かす流れがあるからテレビも劇場版もほぼ同じだと思うけどね 逆に同じじゃないと意味無いだろ
2019/05/12 01:00
semprechain
るろ剣終盤の四星対剣心一派もこれかな。熱いんだけどな。
2019/05/12 01:09
dark
マキバオーは、主人公がライバルに負ける事を当たり前にした事が良かったんだよな
2019/05/12 01:22
kloud
カヲルくんどないしたろか迷ったときやろか
2019/05/12 01:46
mshota
陵南 vs 海南
2019/05/12 01:50
i196
なるほど。どう考えても最後は大勝利するしかないアベンジャーズ エンドゲームがあれだけヒットしてるのも、前作がまさかの完全敗北だったからなのかもなぁ
2019/05/12 02:11
kojietta
ドラゴンボールは死ぬのもありだから良かったのかな?
2019/05/12 02:15
GiveMeChocolate
だから負けられない戦いを繰り返せるループものは面白いのか
2019/05/12 02:16
Dr_Shibaitaroka
ネタバレ。負け戦の中に勝利条件を設定し、それすら主人公の関われない事情で意味が薄くなった『皇国の守護者』北領編はやはり秀逸。
2019/05/12 03:48
ranobe
雑誌がいつまであるかわからない戦い
2019/05/12 05:14
morimori_68
男組は(略)
2019/05/12 05:18
kuzudokuzu
この手のは「あそこの裏路地もっとちゃんと乾いたゲロとかないと裏路地っぽくないよね」ぐらいのニッチなので、作る側からしても参考にする意味なさそうなのよねん。ふつうに戻った方がいい道だと思う。
2019/05/12 05:19
tienoti
なるほど。ドラゴボールは主人公死んで復活条件の方がストーリー展開で制約出てきたり、死んで滅びかけた世界線の話があったりって凄いんだな。そういう意味では天下一武道会の負けも有るし。幽遊白書もそんな感じか
2019/05/12 05:56
uzusayuu
サトシはまだ優勝できないのかい?
2019/05/12 07:48
jou2
だからでこそベイビーステップ続いてほしかったけど(主人公が割と負ける)、何故か人気あるのに打ち切りで…
2019/05/12 08:02
tomoya_edw
七王国の玉座読む?
2019/05/12 08:41
nack1024
そうはいってもワートリみたいなのも緊張感下げる
2019/05/12 10:03
shimajitan
小さい頃、ポケモンアニメのリーグ戦が結構好きだった
2019/05/12 10:31
takeshi1479
そうそれがあるからロマサガは面白かったというか予定調和のRPGで輝いてた。この戦闘負けても次があるけどそうなると進行上困る、勝ちたい!って感じが緊張感あって良かった。特にロマサガ2ね。
2019/05/12 10:31
crowserpent
一方が勝つだろうと予測は立っても、そこに至るまでの過程で読者の予想を外して面白くすることはできる。『グラップラー刃牙』時代の板垣先生がそういうの巧かったんだよなぁ。
2019/05/12 11:30
ta-c-s
BOSJやG1クライマックスで開幕カードとブロック最終戦1つ前が面白い(混戦演出のためジャイアントキリングが起こる)のと同じやな(プ脳)
2019/05/12 12:02
ZeroFour
「ああ。足止めするのはいいが―――別に、ここで倒してしまっても構わんのだろう?」もまた、プレイヤーがその先でどれだけバッドエンドを選んでも最後には約束された勝利がある、からこそか。
2019/05/12 15:21
July1st2017
サッカーで散々繰り返されたせいなのか、AVでもネタになってたな。今思えばサッカーとファッカーをかけていたような・・・。実際にかけたのは
2019/05/12 20:25
shiju_kago
戦術的勝利を積み重ねるものの戦略で負け続け、最悪の状況になるもトップ強襲で一発逆転勝利という暗殺者の勝ち方は王道よな
2019/05/13 09:59
deep_one
ごくたまにそこで負けさせる作者がいる。/そういえば海外ファンタジーの三部作で、第一巻の終わりに主人公が死んだびっくり作があった。(二巻からはたまに幽霊が出ていた。)
2019/05/13 17:48
shidho
その点元ネタっぽいサッカーTV中継の「絶対に負けられない戦い」は「まあ引き分けでもなんとかなるかもしれない戦い」でもあり実は絶妙な立ち位置のキャッチコピーであることには気が付いてほしい。
2019/05/13 19:14
gundesignstudio
阪神vs巨人
2019/05/14 15:33
dodododogogogogo1192
タベラレナイ バナナ ヨリ タベラレル バナナ